ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 用地分譲 > 播磨科学公園都市 生活 -環境学習・レクリエーション施設-

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

播磨科学公園都市 生活 -環境学習・レクリエーション施設-

ひょうご環境体験館(愛称:はりまエコハウス)

ひょうご環境体験館(はりまエコハウス)

地球温暖化をはじめとする環境問題について、建物自体に導入された地球温暖化対策技術や、映像や体験・参加型の学習プログラムにより、「感じ」「学び」「知る」ことができる環境学習拠点施設「ひょうご環境体験館(はりまエコハウス)」が平成20年3月20日に開設されました。
【施設概要】
  場所: 播磨科学公園都市第1工区北端(佐用町光都1丁目)
 規模: 敷地面積約5,000m2、延床面積約995m2
  主要施設: シアター、エコギャラリー、わんぱく広場、地球工房等
 導入技術: 県産木材、屋上・壁面緑化、太陽光発電、小型風力発電、地熱利用、雨水・中水利用設備等
                           問い合わせ先:ひょうご環境体験館 TEL0791-58-2065
                          休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月31日、1月1日

播磨光都サッカー場

播磨光都サッカー場

播磨光都サッカー場はJリーグ規格のコートサイズを有するサッカー場2面(内1面は子供用サッカーコート3面としても利用可)とフットサルコート3面があり、天然芝に近い感触が特徴のロングパイル人工芝(JFA公認規定準拠)が敷きつめられています。人工芝の下にはゴムチップや砂などが充填されており、クッション性が抜群です!

サッカー場1面とフットサルコートには夜間照明が完備されており、夜間の使用も可能となっております。

【ご利用申込み】
播磨光都サッカー場
TEL:0791-58-1616

詳細は、西播磨サッカー協会ホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

栗ノ木谷公園

栗ノ木谷公園のローラースライダー

栗ノ木谷公園は大きく3つの区域に分かれていて、北山部にはローラースライダー(すべり台)、多目的広場などが、中央部には芝生広場や建築家の遠藤秀平氏が設計・監理した斬新なデザインの管理室・トイレが、南山部には展望広場、円形ピラミッドなどがあり、それらが約13haの公園内に点在しています。
公園内の各区域は散策路で結ばれていて、豊かな自然や雄大な景観を眺めながら、ゆったりと散策することができます。

星の広場(展望広場) ・ 遊歩道

星の広場からセンターサークルやSPring-8を望む

「星の広場」は、播磨科学公園都市で最も高い展望広場(標高約350m)で、都市内の主要施設ばかりではなく、中国山地に連なる山々まで望むことができ、季節に応じて変化する景色と自然を楽しむことができます。

播磨科学公園都市では、この「星の広場」周辺も含め、自然と直接ふれあうための遊歩道を設置しています。
健康づくりを兼ねて山の空気を味わい、「こんな所に行ってきたよ」と話したり、家族連れでどんぐり採集や野鳥観察もいいですよね。
皆さんも、天気の良い日に、お弁当と水筒、タオルと双眼鏡を持ってハイキングはいかがですか?

 

詳しくは、下の関連資料をご覧ください。

 

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企業庁 地域整備振興課

電話:078-362-3698

FAX:078-362-4270

Eメール:chiikiseibi@pref.hyogo.lg.jp