ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 医師確保対策の推進 > へき地医療対策

ここから本文です。

更新日:2021年2月24日

へき地医療対策

山間・離島等のへき地においては、医療従事者の確保と地域医療の連携体制の構築が必要となっています。一方、へき地を含む地域での医師の偏在による勤務医の不足など地域医療を取り巻く状況はまだまだ深刻です。
このことから、兵庫県では、PDCAサイクルに基づく実効的な医師確保対策を推進するため、令和元年度に「兵庫県医師確保計画」を策定し、同計画に基づき医師確保対策を着実に実施することにより、医師の確保、地域偏在・診療科偏在の解消等を図っています。

「兵庫県医師確保計画」について

へき地医療対策事業

  • へき地医療拠点病院運営費補助事業
    へき地診療所等への代診医の派遣やへき地医療従事者に対する研修等を行うへき地医療拠点病院に対し、その実施に要する経費を補助
  • へき地診療所の運営支援費補助事業
    へき地診療所(市町立・国民健康保険直営)の運営に要する経費を補助
  • へき地診療所設備整備補助事業
    へき地診療所(市町立・国民健康保険直営)の医療機器整備に要する経費を補助
  • へき地診療所施設整備費補助事業
    へき地診療所(市町立・国民健康保険直営)の施設整備に要する経費を補助

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課

電話:078-362-3606

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp