ホーム > 地域・交流・観光 > 参画と協働 > NPO・ボランティア > ひょうご震災20年ボランタリー活動検証報告書

ここから本文です。

更新日:2016年11月18日

ひょうご震災20年ボランタリー活動検証報告書

ひょうご震災20年ボランタリー活動の検証の趣旨

「ボランティア元年」と言われた阪神・淡路大震災から20年を迎えたことから、「ひょうご震災20年ボランタリー活動検証委員会」【委員長:室﨑益輝ひょうごボランタリープラザ所長】を設置し、これまでのボランタリー活動の変遷、現状、課題および今後の方向性を検証し、報告書としてまとめました。

<内容>

(1)ボランタリー活動の変遷

阪神・淡路大震災以降を中心に、行政(国・県・市町)、社会福祉協議会(ひょうごボランタリープラザを含む)、団体等が取り組んできたボランタリー活動の主な内容を整理。

(2)アンケート調査等からみたボランタリー活動の現状

県民ボランタリー活動実態調査(外部サイトへリンク)等の結果から、5つの分野(1.人材、2.資金、3.他機関との連携、4.情報発信、5.災害時のボランティア活動)について検証。

(3)ボランタリー活動における評価と方向性

上記(1)(2)の結果を踏まえたこれまでのボランタリー活動の評価と今後ボランタリー活動を推進するうえでの方向性。

『ひょうご震災20年ボランタリー活動検証報告書』

ひょうご震災20年ボランタリー活動検証報告書

表紙(PDF:85KB)

はじめに(PDF:83KB)

ボランタリー活動の変遷(年表)(PDF:1,121KB)

目次(PDF:117KB)

第1章ボラタリー活動検証の趣旨(PDF:513KB)

第2章ボランタリー活動の変遷(PDF:2,232KB)

第3章アンケート調査等からみたボランタリー活動の現状(PDF:1,348KB)

第4章ボランタリー活動における課題と今後の方向性(PDF:1,705KB)

有識者メッセージ(PDF:906KB)

検証委員会委員メッセージ(PDF:1,065KB)

 資料編(PDF:4,268KB)

 表紙(PDF:141KB)

※検証報告書(冊子)をご希望の方は、下記までご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局県民生活課

電話:078-362-3996

FAX:078-362-3908

Eメール:kenminseikatsu@pref.hyogo.lg.jp