ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 行財政・法規 > 適切な行財政運営の推進 > 行財政構造改革の取組み > 新行革プランの策定及び変更(平成20年度~平成21年度)

更新日:2021年10月13日

ここから本文です。

新行革プランの策定及び変更(平成20年度~平成21年度)

阪神・淡路大震災により巨額の財政負担を余儀なくされた本県の行財政構造を安定的・持続的なものに転換していくため、昨年度から、組織の再編

や人件費、事務事業の見直し、さらには、公営企業、公社等の見直しなど、行財政全般にわたる総点検に全庁あげて取り組んできました。

総点検の結果等を踏まえ、この度、新たな行財政構造改革の確立を目指し、新行革プランを策定しました。

新行革プランの変更(平成21年3月19日)

新行革プランについて、平成21年度当初予算編成に伴い、平成21年2月定例県議会の議決を経て、以下の変更を行いました。

  1. 財政フレームの見直し
  2. 事務事業の見直し
  3. 投資事業の見直し等

新行革プランの変更(平成22年3月22日)

新行革プランについて、平成22年度当初予算編成に伴い、平成22年2月定例県議会の議決を経て、以下の変更を行いました。

  1. 財政フレームの見直し
  2. 事務事業の見直し
  3. 投資事業の見直し等

お問い合わせ

部署名:企画県民部企画財政局新行政課

電話:078-362-3045

FAX:078-362-9478

Eメール:kichou_shingyousei@pref.hyogo.lg.jp