ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 【事業者向け】施設の使用制限について > 店先・路上等での飲酒禁止の呼びかけ

ここから本文です。

更新日:2021年5月31日

店先・路上等での飲酒禁止の呼びかけ

兵庫県は、緊急事態措置を実施すべき区域となり、感染リスクが高いとされる飲酒の場面での感染拡大を防止するため、飲食店等に対し、酒類の提供禁止をお願いしています。

こうしたなか、酒類を販売する店舗の店先・路上などで、飲酒が見受けられます。屋外であってもマスクを外しての飲酒は感染リスクが高い行為です

これ以上の感染拡大を防止するため、酒類を小売販売する事業者におかれては、下記のとおり、店先・路上等での飲酒禁止に関する顧客への啓発にご協力をお願いします

対象施設

酒屋、コンビニエンスストア、スーパーマーケット等酒類を小売販売する店舗

協力依頼内容

  1. 店頭・レジ前への「店先・路上等での飲酒禁止啓発ポスター(下記参照)」の掲出
  2. 店内放送による店先・路上等での飲酒禁止の呼びかけ

※既に同様のポスター等の掲示や呼びかけを行っていただいている場合は引き続き、取り組みの継続をお願いします。

「店先・路上等での飲酒禁止啓発ポスター」

呼びかけチラシ

お問い合わせ

◆兵庫県緊急事態措置コールセンター(緊急事態措置の内容に関する問い合わせ)
 電話:078-362-9921
 受付時間:平日 午前9時~午後5時