ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 制度・基準 > 土木の技術管理に関すること > 浄水発生土を混合した植生基材の使用促進について

ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

浄水発生土を混合した植生基材の使用促進について

概要

県では、循環型社会の形成に寄与するため、兵庫県営浄水場から発生する浄水発生土を混合した植生基材の認定を行い、県土整備部所管の土木請負工事において、原則使用します。

設計書の単価適用年月日が平成28年8月1日以降の県土整備部所管土木請負工事から適用します。

認定制度

詳細については、「浄水発生土を混合した植生基材使用促進要領」をご確認ください。

1.認定対象製品

植生基材吹付工に用いる植生基材

2.申請の受付期間

年3回(6月、10月、2月)受け付けています。

3.認定の有効期間及び更新

1)認定の有効期間は、製造者等に交付される認定書に記載されている認定日から3年間です。

2)有効期間が満了する日以前の直近の受付時期(6月、10月、2月)に所定の書類を添えて更新申請して下さい。

浄水発生土を混合した植生基材使用促進要領

認定製品一覧

令和元年9月19日時点の認定製品

認定製品一覧表(PDF:27KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局技術企画課

電話:078-362-9247

FAX:078-362-4433

Eメール:kendo_gijyutsu@pref.hyogo.lg.jp