ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 地球温暖化 > 兵庫県地球温暖化防止活動推進員について

ここから本文です。

更新日:2018年3月13日

兵庫県地球温暖化防止活動推進員について

地球温暖化防止活動推進員とは

兵庫県地球温暖化防止活動推進員(以下「推進員」)は、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号)(以下「温対法」)第37条に基づき、地球温暖化防止の取組を進める者として、兵庫県知事が委嘱しています。

〔法律に示された活動内容〕

  • 地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性について、住民の理解を深めること
  • 住民に対し、その求めに応じ日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等のための措置について調査を行い、当該調査に基づく指導及び助言をすること
  • 地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う住民に対し、当該活動に関する情報の提供その他の協力をすること
  • 温室効果ガスの排出の抑制等のために国又は地方公共団体が行う施策に必要な協力をすること

上記の活動のほか、推進員は各地域で特色ある活動を行っています。

 主な活動例はこちらから(外部サイトへリンク)

活動案内リーフレット(PDF:996KB)

〔兵庫県地球温暖化防止活動推進センター〕

兵庫県では、県民・事業者・行政の各主体の取組を促進するための拠点として、温対法第38条に基づき、公益財団法人ひょうご環境創造協会を「兵庫県地球温暖化防止活動推進センター」に指定しています。同センターでは、推進員の活動に対する支援や推進員向けの研修会の開催などを行っています。

兵庫県地球温暖化防止活動推進センターHPはこちらから(外部サイトへリンク)

平成30年4月から第8期がスタート!!

推進員制度は、平成12年度から始まっており、現在第7期のメンバーが県内各地で活躍していますが、平成30年3月末で委嘱期間(任期3年)が終了するため、平成30年4月から第8期のメンバーが活動を開始します。

第8期推進員の申込みは締め切りました。推進員の委嘱を希望する方は、温暖化対策課にお問い合わせください。

〔推進員の要件〕

  1. 地球温暖化防止活動の推進に熱意、識見を有すること
  2. 温室効果ガス排出抑制及び温暖化への適応策等のために県、市町が行う施策に必要な協力ができること
  3. 兵庫県地球温暖化防止活動推進センターと連携した活動ができること
  4. 実践的なグループ活動ができること
  5. 兵庫県内に居住または在勤・在学していること
  6. 国、地方公共団体の議員または常勤の公務員でないこと
  7. 原則として平成30年4月1日時点で18歳以上であること(高校生を除く)

〔任期〕

平成30年4月1日から平成33年3月31日まで(3年間)

〔定員〕

300名程度

〔その他〕

  • 委嘱者には、兵庫県知事の委嘱状をお渡しします。
  • 計画的な推進員のグループ活動に対し、活動費を支援します。(H30:上限6,000円を予定)
  • 活動中の事故に備えるため、県が掛金を負担し、ボランティア保険に加入します。

〔よくある質問〕

よくある質問(PDF:56KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境管理局温暖化対策課

電話:078-362-3284

FAX:078-382-1580

Eメール:ondankataisaku@pref.hyogo.lg.jp