ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波地域ビジョンの推進 > 丹波の森夢会議

ここから本文です。

更新日:2021年2月22日

丹波の森夢会議

丹波地域ビジョン委員会では、地域で活動している皆さんと一緒に丹波地域ビジョンの実現に向けた意見交換などを行い、活動内容の充実や活動に加わる人の輪を広げる「丹波の森夢会議」を毎年開催しています。

令和2年度丹波の森夢会議の開催

第10期丹波地域ビジョン委員会では、地域ビジョン「みんなで丹波の森」の実現に向けて、各実践活動グループが意欲的な取組みを行っています。この成果を広く発信し、活動のさらなる展開を図るため、活動報告会を実施します。

また、新全県ビジョン骨子案(将来構想試案)と丹波地域デザイン案の説明、地域の未来を考えるワークショップも実施します。

ついては、広く参加者を募集します。 

 

日時:令和3年3月14日(日)  13:30~16:30

場所:丹波ゆめタウン ポップアップホール(丹波市氷上町本郷300番地)

参加者:どなたでも参加できます。(事前申込。参加費無料。)

主催:第10期丹波地域ビジョン委員会・丹波県民局

申込方法:3月1日(月)までに、県民交流室総務防災課ビジョン担当(0795-73-3724)まで電話

     または参加申込書(募集チラシ裏面)を、記載の宛先にメール・FAX等で提出

 令和2年度丹波の森夢会議募集チラシ(PDF:414KB)

内容:

【第1部】

● 実践活動グループ(全5グループ)の活動報告

・生かそう!丹波の食

”MOTTAINAI”食材(柿や栗、寒茶)を有効活用して商品化する

・つなごう

丹波地域への移住希望者に向けた情報発信

・おかの草刈り応援隊

おかの刈り草プロジェクト(刈った草の有効活用と灰屋の活用)

・WaKai

人同士がつながる場づくり

(子育てママの支援とゲームを通じた居場所づくり)

・花あかり

添加物を使わない“安全・安心”な食の提供とその普及啓発

 

【第2部】

●新全県ビジョン骨子案(将来構想試案)説明

●丹波地域デザイン案説明

●2050年を描くワークショップ  

 これまでの開催記録

令和元年度丹波の森夢会議 令和元年度丹波の森夢会議開催結果  

平成30年4月に発足した第9期丹波地域ビジョン委員会では、丹波地域ビジョン「みんなで丹波の森」に掲げる「自立」、「交流」、「元気」、「絆」、「安全安心」の5つの将来像をめざし、6つのグループが実践活動に取り組みました。
2年間の任期の締めくくりにあたり、その活動成果を広く発信するとともに、丹波地域で夢の実現に取り組む方々との対話等を通して地域の未来を考え、今後の「丹波の森づくり」や「兵庫2030年の展望」の実現に向けてさらなる活動の展開を図る「丹波の森夢会議」を開催しました。

 日時:令和2年2月15日(土) 13:30~16:00

 場所:丹波の森公苑 多目的ルーム(丹波市柏原町柏原5600)

 内容:詳細は、令和元年度丹波の森夢会議記録(PDF:437KB)をご参照ください。

  1.  実践活動グループ(全6グループ)の活動報告令和元年度丹波の森夢会議2
  2.  丹波地域で夢の実現に取り組んでいる方のプレゼンテーション
  • 足立大地氏:シンガーソングライター、会社員(丹波市)
  • 熊谷 篤氏:丹波市地域おこし協力隊員、旅行業(丹波市)
  • 児島佳史氏:丹波篠山市地域おこし協力隊員、ベーカリーカフェ経営(丹波篠山市)
  • 小牧満也氏:元丹波篠山市地域おこし協力隊員、林業(丹波篠山市)

平成30年度以前の開催記録

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-73-3724

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp