ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 高齢者 > 地域支援事業の推進について

ここから本文です。

更新日:2017年4月24日

地域支援事業の推進について

高齢者などが介護や医療が必要になっても地域で安心して暮らせるように、市町は介護保険法に基づく地域支援事業として、総合相談窓口である地域総合支援センター(地域包括支援センター)の運営、介護予防・生活支援の推進、在宅医療・介護連携の推進、認知症施策の総合的な推進などに取組んでいます。

兵庫県では、市町の地域支援事業の実施支援などを行い、医療・介護・予防・住まい・生活支援が地域で総合的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を進めていきます。

1 地域総合支援センター(地域包括支援センター)

  • センター一覧
  • センター運営状況調査の結果 (今後、作成します)

2 介護予防・生活支援(介護予防・日常生活支援総合事業、生活支援体制整備事業)

3 在宅医療・介護連携(在宅医療・介護連携推進事業)

4 認知症施策の総合的な推進について

5 その他

その他関連リンク

平成28年4月から近畿厚生局に、地域包括ケアシステムの構築支援や普及啓発に関する業務等を行うため、地域包括ケア推進課が設置されました。詳細は、近畿厚生局地域包括ケア推進課のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢対策課

電話:078-362-9033

FAX:078-362-9470

Eメール:koreitaisaku@pref.hyogo.lg.jp