ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > センター長メッセージ(10月)

ここから本文です。

更新日:2020年10月23日

センター長メッセージ(10月)

朝晩はずいぶん暑さが和らぎ、ようやく秋らしくなってきました。

県内の新型コロナウイルスの新規陽性者数は、10月に入っても一週間平均10人台の「感染警戒期」が続いています。本県では、まず感染者の早期発見、そして濃厚接触者など関係者の早期特定、さらにPCR検査によって陽性者を確定し、2次感染や3次感染を封じ込めることを基本に対応しています。

県民の皆さまへ「改めて、うつらない・うつさない宣言」として、以下のお願いをしております。

  • ガイドライン等に基づく、感染防止策がなされていない接待を伴う飲食店など、感染リスクの高い施設の利用を目的とした県境をまたぐ移動を控えましょう。
  • ガイドライン等に基づく、感染防止策がなされていない感染リスクの高い施設(特に接待を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店、カラオケ等)の利用を控えましょう。
  • ガイドライン等に基づく、感染防止策がなされていない施設における大人数での会食や飲み会はやめましょう。
    特に若者グループは注意してください。
  • 発熱が続き、倦怠感、味覚障害等の症状があれば、帰国者・接触者相談センター(保健所)へ相談してください。
    特に発熱や咳などの比較的軽い症状でも、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、早めにご相談ください。
  • 接触確認アプリ「COCOA」、「兵庫県新型コロナ追跡システム」の利用をお願いします。
  • 3密の回避など、「ひょうごスタイル」に取り組んでください。特に、マスクの着用を徹底してください。

GIはりまオンライン一斉乾杯

今年3月に播磨地域の日本酒ブランド「はりま」が国から地理的表示(GI)に指定されたことを記念するセレモニーが、9月27日姫路城で開催されましたので、出席しました。新型コロナウイルス感染予防のため、会場の出席者は約50人限定でしたが、「ユーチューブ」でライブ配信し、「GIはりまオンライン一斉乾杯」として指定のお祝いをしました。

会場では、ゲスト参加の歌舞伎俳優の中村壱太郎さんによる舞踊「鷺娘」が披露されましたが、暗闇に浮かび上がる城を背景に幻想的な舞踏に感激しました。

チラシ GIはりま

※終了したイベントです

兵庫県伝統文化研修館 ~ 青少年伝統文化セミナー「成果発表」~

日本の伝統文化の継承・普及・発展をめざす「兵庫県伝統文化研修館」(兵庫県姫路市双葉町)で、舞踊などの伝統文化を通じて「礼儀作法」や「和の心」を学んだ青少年が、姫路キャスパホールで開催された「成果発表」(10月3日)に出演し、日頃の成果を披露しました。

今年は、新型コロナウイルス感染予防のため観覧者の公募は行わず、「ユーチューブ」で動画配信を行うことになりました。

当日は、世界文化遺産「姫路城」を称える「謡(うたよう) しらさぎ 姫路城」と、姫路城と千姫への想いを込めた「姫路城おどり節」を披露。出演した青少年は、「日本の伝統美」を幻想的で格調高く「表現」。舞台には大きな「感動の輪」が拡がりました。

当日の模様は、中播磨県民センターHPの「伝統文化研修館」特設サイトで、近日中に配信します。ぜひとも、ご覧ください!!

伝統文化チラシ 舞踊

※終了したイベントです

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室

電話:079-281-9051

FAX:079-285-1102

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp