閉じる

ここから本文です。

更新日:2021年3月3日

請願 第41号

令和3年3月2日配付              

文教常任委員会付託

高等教育における一律学費半額の早期実現を求める意見書提出の件

1 受理番号 第41号

2 受理年月日 令和3年2月22日

3 紹介議員 きだ結

4 請願の要旨

 日本の高等教育に係る学費は、フランスやドイツ、北欧諸国など他のOECD諸国に比べても高額である。日本学生支援機構の学生生活調査(平成30年度)によると、大学生の学生生活費の63.2%を学費が占め、「家庭からの給付のみでは修学不自由・困難及び給付なし」の学生は34.1%となっている。

 こうしたもと、新型コロナ禍によって更に深刻な実態に追い込まれている。私たちが取り組んだ実態調査(2月1日現在220人が回答)では、「アルバイトのシフトが減って収入が減った」「バイト先が潰れて収入がなくなった」「国の予算を使って学費を値下げしてほしい」など、切実な声が多数寄せられている。また、この間取り組んでいる学生向けの食料支援活動では毎回数十人の学生が食料を受け取りに来ている。

 昨年、日本全国に広がった「一律学費半額と、大学などへの予算措置を求める署名」は2万人を超えて集まっている。今、一律学費半額にすることでコロナ禍で苦難を強いられている全ての学生とその家族を救うことができる。

 よって、下記事項を内容とする意見書を国へ提出するよう要望する。

1 一律学費半額を早期に実現すること。

お問い合わせ

部署名:兵庫県議会事務局 議事課

電話:078-362-9403

FAX:078-362-9031

Eメール:Gikaigijika@pref.hyogo.lg.jp