ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 水道用水供給 > 浄水発生土の育成試験結果

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

浄水発生土の育成試験結果

樹木の育成試験を行いました

育成状況(左:混合無し、右:60%混合)

平成17年1月から平成18年10月まで21ヶ月間、浄水発生土と真砂土を混ぜた土で樹木を育てました。

樹木の生長は良好でした

樹木の生長率(樹高×幹径で算出)

ウバメガシ、コナラ、クヌギ、スダジイの苗木を植え生育状況を調べた結果、浄水発生土の混合量が多いほど苗木が大きく生長しました。

水稲の生育試験を行いました。

生育状況(左:水田、右:育苗)

浄水発生土を使って水稲の生育試験を実施しました。
水田に使用する場合と、苗土に使用する場合について、試験を行いました。

水稲の生長は良好でした

水田玄米収穫量(10aあたり)

【水田で使用した場合】
一般の水田と同等の収量が得られました。

【苗土で使用した場合】
一般の培土に25%以下の割合で混合した場合、一般の培土と同等の生育が見られました。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企業庁 水道課

電話:078-362-3684

FAX:078-362-3962

Eメール:suidouka@pref.hyogo.lg.jp