ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 兵庫県における看護職員確保対策について > 外国人看護師候補者就労研修支援事業について

ここから本文です。

更新日:2020年6月17日

外国人看護師候補者就労研修支援事業について

外国人看護師候補者就労研修事業について

外国人看護師候補者就労研修支援事業とは、経済連携協定(EPA)に基づき入国する外国人看護師候補者に対する日本語能力の習得及び研修支援体制の充実を図る事業です。

令和2年度補助金交付申請について

兵庫県では、令和2年度も外国人看護師候補者を受け入れている病院等に、補助金を交付する予定としています。
補助金の申請を希望される病院は、兵庫県健康福祉部補助金交付要綱に基づき、補助金の交付申請を行う必要がありますので、下記の「02EPA申請ファイル」を使用し、補助金の申請を行ってください。

注:この補助金を請求できるのは、経済連携協定(EPA)に基づきフィリピン人、インドネシア人、ベトナム人の看護師候補者の受入れを行っている兵庫県内の病院等です。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課

電話:078-362-3251

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp