ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 計画・環境(河川整備) > 県内の降雨強度式

ここから本文です。

更新日:2018年6月7日

県内の降雨強度式

兵庫県では、県内河川の高水流量(計画する確率規模で想定される流出量)を求める際や、流域内の開発行為等により必要となる流出抑制対策を計画する際に用いる基礎資料として、県内の雨量観測所における降雨データを解析した降雨強度式を定めています。
平成13年の降雨強度式から15年が経過し、雨量データが蓄積されたことから、降雨強度式を改定しました。
適用年月日は平成28年4月1日からです。改定した降雨強度式は下記よりダウンロードできます。

降雨強度式(H28.4改定)(PDF:61KB)

地域係数及び適用地域図(H28.4改定)(PDF:222KB)

参考(見直しの概要)(PDF:367KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局総合治水課

電話:078-362-3533

内線:4432

FAX:078-362-3942

Eメール:chisui@pref.hyogo.lg.jp