ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 地球温暖化 > 県施設等への太陽光発電設備導入に向けたPPA事業者の公募型プロポーザルの実施について

更新日:2022年6月2日

ここから本文です。

県施設等への太陽光発電設備導入に向けたPPA事業者の公募型プロポーザルの実施について

脱炭素社会の実現に向け、本県の地球温暖化対策推進計画では、再生可能エネルギー導入量を2030年度までに倍増させる目標を掲げています。

一方、昨今のエネルギー原料費の高騰や、ウクライナ紛争等の国際情勢の影響を緩和するレジリエンス(強靭性)向上の観点からも、自立・分散型電源としての再生可能エネルギーの導入拡大は有効な方策です。

そこで、県では、初期投資なしで再生可能エネルギーの導入が可能なPPA方式(第三者所有型モデル)を普及拡大させることを視野に、まずは県施設駐車場等への太陽光発電設備(カーポート等)の設置を率先して進めることを目的にPPA事業者選定にかかる公募型プロポーザルを実施し、受託を希望する発電事業者を募集します。

以下の実施要領等をよくご確認いただき、ご参加ください。

(募集期間は終了しました。)

PPA(=Power Purchase Agreement)とは

発電事業者が太陽光発電設備を発電事業者の負担で県施設等の敷地内に設置する。

発電事業者が当該設備の所有、維持管理をしたうえで発電設備から発電された電気を当該施設に供給する。

お知らせ

  • 実施要領等を掲載しました。(令和4年3月30日(水曜日))
  • 組織変更に伴い問合せ先を変更しました。(令和4年4月1日(金曜日))

変更前:環境政策課活動支援班 電話078-362-3156

変更後:環境政策課温暖化対策班 電話078-362-3273

  • 選定結果を追加しました。(令和4年6月2日(木曜日))

選定結果

下記のとおり選定結果を公表します。

選定結果(PDF:70KB)

評価方針(PDF:101KB)

実施概要

事業名

PPA方式(第三者所有型モデル)による太陽光発電設備導入事業

事業内容

候補となる県施設等の駐車場等に、自己の所有する太陽光発電設備、附帯設備及びカーポートを設置するなどし、再生可能エネルギー由来の電力を当該施設に供給

事業期間

運転開始から最長で20年間

募集規模

1社

候補施設

  所在市町 区分 施設名
1 三木市 広域防災センター
2 加西市 農林水産技術総合センター
3 南あわじ市 淡路農業技術センター
4 丹波市 森林動物研究センター
5 丹波市 丹波医療センター
6 加東市 教育研修所
7 姫路市 姫路警察署
8 福崎町 道路公社 播但連絡道路管理事務所
9 市川町 道路公社 市川サービスエリア(施設屋上等)
10 朝来市 道路公社 朝来サービスエリア(施設屋上等)
11 姫路市 道路公社 豊富パーキングエリア(施設屋上等)
12 姫路市 道路公社 連結路附属地(花田IC(姫路市)ループ内)
13 朝来市 道路公社 連結路附属地(朝来IC(朝来市)ループ内)
14 朝来市 道路公社 遠阪トンネル料金事務所(施設屋上等)

提出期限

参加申込書の受付期間

令和4年3月31日(木曜日)~令和4年4月13日(水曜日)17時

質問書の受付期間

令和4年3月31日(木曜日)~令和4年5月6日(金曜日)17時

提案書の受付期間

令和4年5月6日(金曜日)~令和4年5月18日(水曜日)17時(必着)

関係資料

お問い合わせ

部署名:環境部 環境政策課 温暖化対策班

電話:078-362-3273

FAX:078-362-4024

Eメール:kankyouseisakuka@pref.hyogo.lg.jp