ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 科学技術 > 放射光産業利用の推進 > 第7回放射光産業利用支援講座/第8回計算科学連携センターセミナー「これからの学術と産業を支える先端技術 シミュレーション予測・放射光・データー駆動科学」

ここから本文です。

更新日:2018年5月15日

第7回放射光産業利用支援講座/第8回計算科学連携センターセミナー
「これからの学術と産業を支える先端技術
 シミュレーション予測・放射光・データー駆動科学」

今日、産業と学術の様々な分野で放射光の利用が進んでいる中、そのデーター処理・可視化・理論考察等のために計算科学の活用が不可欠となっています。特に最近、S/N比の高いデーター解析手段として「データー駆動科学」が注目されています。

本セミナーでは、学術と実用化を繋ぐ具体的な課題に則して、放射光・計算科学・データー駆動科学の連携活用の重要性を4名の講師に解説していただきます。皆さまのご参加をお待ちしています。

1 日時

2018年7月26日(木曜日)13時00分~17時00分(交流会 17時10分~19時10分)

2 会場

姫路駅前じばさんびる9F 901会議室(兵庫県姫路市南駅前町123)

3 参加費

無料 (交流会は会費3,000円)

4 定員

80名

5 内容

13時00分~13時05分 開会挨拶
 兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 機構長 山﨑 徹

13時05分~13時10分 代表挨拶
 兵庫県立大学 学長 太田 勲

13時10分~14時05分 講演Ⅰ「元素間融合を基軸とする物質開発と状態密度エンジニアリング」
 京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 教授 北川 宏

14時05分~15時00分 講演Ⅱ「ポリマーブラシで拓くソフト&レジリエント・トライボシステム」 
 京都大学 化学研究所 教授 辻井 敬亘

15時00分~15時10分 休憩

15時10分~16時00分 講演Ⅲ「歩留まりや雇用のミスマッチ対策など産業界にも役立つデータ駆動科学」
 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授 岡田 真人

16時00分~16時50分 講演Ⅳ「放射光計測とデーター駆動科学」
 (公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 主幹研究員 水牧 仁一朗

16時50分~16時55分 閉会挨拶 
 兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 副機構長 秋吉 一郎

17時10分~19時10分 交流会(姫路駅南口 Beer Bar George’s)

6 申し込み方法

第7回放射光産業利用支援講座/第8回計算科学連携センターセミナーチラシ(PDF:551KB)の参加申込書にご記入の上、郵送、FAXまたはEメールでお申し込みください。

【郵送】〒670-0962 姫路市南駅前町123 じばさんびる3F 兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 事務局
【FAX】079-283-4561
【Eメール】haruhiro_ibata@hq.u-hyogo.ac.jp

7 申し込み締切

2018年7月10日(火曜日)

8 主催

兵庫県立大学産学連携・研究推進機構、兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科、兵庫県企画県民部科学振興課

9 問い合わせ

兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 事務局
【Eメール】haruhiro_ibata@hq.u-hyogo.ac.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部科学情報局科学振興課

電話:078-362-3053

FAX:078-362-4466

Eメール:kagakushinko@pref.hyogo.lg.jp