ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 科学技術 > スーパーコンピュータ「富岳」

更新日:2021年12月17日

ここから本文です。

スーパーコンピュータ「富岳」

「富岳」の概要

スーパーコンピュータ「富岳」は、世界最高水準の汎用性のあるスーパーコンピュータです。スーパーコンピュータ「京」の後継機として、理化学研究所と富士通が共同で開発・整備しました。新型コロナウイルスの飛沫拡散シミュレーションやリアルタイムでの津波浸水予測AIモデルの構築など、様々な研究成果を生み出しています。スパコン性能ランキングでは、4期連続世界1位を獲得しました。

  • 設置場所 理化学研究所計算科学研究センター(神戸ポートアイランド内)
  • 共用開始 令和3年3月9日
  • 「TOP500」「HPCG」「HPL-AI」「Graph500」で世界1位

理化学研究所計算科学研究センターのページへ(外部サイトへリンク)

HPCI広報サイト「富岳百景」のページへ(外部サイトへリンク)

HPCIポータルサイトのページへ(外部サイトへリンク)

計算科学振興財団(FOCUS)

平成20年1月に兵庫県・神戸市・神戸商工会議所により設立された同財団では、「富岳」をはじめとするスーパーコンピュータの産業利用促進及び普及啓発を行っています。同財団が運営する「高度計算科学研究支援センター」では、「FOCUSスパコン」や「ミニ富岳」の利用提供などを通じて、企業・大学・研究機関等への研究開発を支援しています。

同財団ではスパコンセミナーの開催、スパコン産業利用事例集の作成、施設見学会の実施などによって、企業技術者の人材育成のさらなる促進を図っています。

計算科学振興財団のページへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:産業労働部 新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp