ホーム > 地域・交流・観光 > 観光・レジャー > 観光振興 > ユニバーサルツーリズムの推進

更新日:2024年5月22日

ここから本文です。

ユニバーサルツーリズムの推進

「ユニバーサルツーリズム」とは「すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行」(観光庁)を目指すことです。

兵庫県では、年齢や障害の有無等にかかわらず、様々な方が気兼ねなく旅行できるユニバーサルツーリズムを推進するため、全国初となる「高齢者、障害者等が円滑に旅行することができる環境の整備に関する条例(通称:ユニバーサルツーリズム推進条例)」を制定するとともに、人材育成等による受入体制の強化やモニターツアー等による情報発信等の取組を行っています。

知事メッセージ

 

「行きたいところへ自由に旅行がしたい」。高齢の方や障害のある方のこうした声に応えるため、全国初のユニバーサルツーリズム推進条例を制定しました。
目指すのは、誰もが「行けるところ」ではなく、「行きたいところ」に旅行できる兵庫。
国内外から多くの人が訪れる2025年の大阪・関西万博などを見据え、受入体制の充実や気運醸成など、ソフト・ハード両面の対策を進め、誰ひとり取り残すことなく、誰もが気兼ねなく旅行を楽しめる環境づくりに力を注いでまいります。

兵庫県知事 齋藤 元彦

 

新着情報

ユニバーサルツーリズム推進条例

高齢者、障害者、乳幼児を同伴する人など移動や宿泊に困難を伴う人が、行きたいところに旅行できる環境を整備するため、「高齢者、障害者等が円滑に旅行することができる環境の整備に関する条例(通称:ユニバーサルツーリズム推進条例)」を令和5年4月1日に施行しました。(ユニバーサルツーリズムに特化した条例としては全国初)

「行けるところ」から「行きたいところ」へ

ひょうごユニバーサルな観光地

高齢者・障害者等による回遊性を高める「面」での取組を促進するため、地域を挙げてユニバーサルツーリズムに積極的に取り組む観光地を「ひょうごユニバーサルツーリズム推進エリア」(通称「ひょうごユニバーサルな観光地」)として指定し、地域ぐるみの取組をモデル的に支援します。

ひょうごユニバーサルなお宿

全国初のユニバーサルツーリズム推進条例に基づき、ユニバーサルツーリズムの推進に積極的に取組む宿泊施設を登録・情報発信する「ひょうごユニバーサルなお宿」宣言・登録制度を実施しています。

【制作者】
龍野北高校3年 森下音さん
令和5年12月4日に登録施設(第一弾)を発表

ひょうごユニバーサルツーリズムコンシェルジュ

旅行者や観光事業者からの相談に対応するなど、ユニバーサルツーリズムの普及促進を図るひょうごユニバーサルツーリズムコンシェルジュを育成しています。

【制作者】
兵庫工業高校3年 猪股克弘さん

 

令和5年度カリキュラム 令和5年度開講式(8月31日)

研修等

高齢者・障害者等を迎え入れる際の接遇・ホスピタリティを学ぶおもてなし研修や、経営管理層にユニバーサルツーリズムの意義やマーケットの将来性等を紹介するトップセミナー等を実施しています。
 

その他

お問い合わせ

部署名:産業労働部観光局観光振興課

電話:078-362-3375

FAX:078-362-4275

Eメール:kankoushinkou@pref.hyogo.lg.jp