ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 障害福祉サービス・障害者支援 > 新型コロナウイルス関連のお知らせ(障害福祉サービス等事業者向け)

ここから本文です。

更新日:2020年8月3日

新型コロナウイルス関連のお知らせ(障害福祉サービス等事業者向け)

新型コロナウイルス感染症対策事業(障害福祉サービス等事業者向け)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(慰労金・支援金)等、県では感染防止や障害福祉サービス事業所等での感染が発生した場合に備え、各取組を進めています。施策のご活用・ご協力をお願いします。

具体的内容や手続きについて、詳しくは新型コロナウイルス感染症対策事業のページでご確認ください。

介護施設等に対する布製マスクの配布について

国において本年3月10日にとりまとめられた「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策―第2弾」(新型コロナウイルス感染症対策本部)を踏まえ、障害者施設、保育所等、放課後児童クラブなど(以下「介護施設等」という。)の現場におけるマスク不足の解消を図るため、再利用可能な布製マスクを、国が一括して購入し、地方公共団体の協力も得つつ、介護施設等に少なくとも1人1枚は行き渡るよう、約2,000万枚配布されました。

今般、【事務連絡】介護施設等に対する布製マスクの配布について(令和2年6月23日付)(PDF:482KB)により、下記のように6月下旬以降、介護施設等に対しあらためて約4,000万枚の布製マスクが配布される予定である旨連絡がありましたので、お知らせします。

  1. 介護施設等に対する布製マスクの配布方法
    • (1)概要
      • 介護施設等に対する布製マスクについては、6月下旬以降、原則として国から直接、介護施設等に対し、順次、送付されます。
    • (2)配布対象施設等
      • 配布対象の施設等は、高齢者施設・事業所、障害福祉サービス等施設・事業所、保育所等、放課後児童クラブ、児童養護施設等、幼稚園、認定こども園、認可外保育施設、各種学校幼稚部(各種学校のうち幼稚園段階に相当する課程部分)、保護施設等です。(詳細については、厚生労働省通知の(別紙)「配布対象となる施設・サービス等の種類」を参照。
    • (3)配布枚数等
      • 配布する布製マスクは大人用のサイズであり、配布に当たっては、
        • ・高齢者施設・事業所、障害福祉サービス等施設・事業所、保護施設等(生活困窮世帯の子どもの学習・生活支援事業の事業所は除く。)は、職員と利用者を対象とした枚数、
          • ※居宅介護、重度訪問介護等訪問系の事業所は職員を対象とした枚数
        • ・保育所等、放課後児童クラブ、児童養護施設等、幼稚園、認定こども園、認可外保育施設、各種学校幼稚部(各種学校のうち幼稚園段階に相当する課程部分。)、生活困窮世帯の子どもの学習・生活支援事業の事業所は、職員を対象とした枚数を配布することとされています。
      • 布製マスクとともに、介護施設等に対する布製マスクの配布事業の趣旨や布製マスクの使い方・洗濯方法、問合せ先等を記載した説明文が同封されます。
    • (4)配布時期、配布方法
      • 配布については、6月下旬以降順次、原則として国から介護施設等に対し、日本郵便の配達網により、配布されます。
  2. お問い合せ窓口での対応
    • (1)布製マスクの配布に関する電話相談窓口
      0120-829-178
    • (2)相談受付時間
      午前9時から午後6時まで(土曜・日曜・祝日も対応)
    • (3)相談内容
      • 布製マスクの配布については、既に作成済みのリストに基づき、6月下旬以降、順次送付されます(マスクの配布について施設・事業者の方からの申請は不要です。)。
      • マスクが届いていない旨のお問い合わせにつきましては、7月31 日以降、上記相談窓口あてお問い合わせ下さい

新型コロナウイルス感染症に係る障害福祉サービス提供等にかかる協力体制について

  1. 障害福祉サービス事業所・施設等への応援・協力スキームの構築について
    入所施設等で新型コロナウイルス感染者が発生し、職員体制が整わない場合等においての、当該施設等の利用者にサービスを提供するための応援職員の派遣や、通所サービス事業所等で新型コロナウイルス感染者が発生した場合において、濃厚接触者として自宅待機となった利用者への代替サービス(訪問サービス)の提供を確保するため、協力事業者を募集し、県内各市町や関係機関と連携して、地域における円滑な協力体制を構築します。
    また、協力事業所に対して必要な衛生資材(マスク・ゴーグル等)の供給や応援職員派遣にかかる旅費等の補助を行います。
    ⇒協力事業者の募集については、事業所・施設等の所在する市町にお問い合わせください。ご協力よろしくお願いいたします。
    応募いただいた事業所・施設等には改めて深く御礼を申し上げますとともに、障害福祉サービス事業所・施設等の皆様には、事案が発生した場合に本協力スキームが活用できることもあらかじめ想定いただければと思います。詳しくは下記PDFのイメージをご確認ください。
    協力施設・事業所募集及び協力フローのイメージ(PDF:163KB)
  2. 応援職員派遣にかかる報酬や、応援職員派遣に伴う人員基準の取扱いに関して
    下記、厚生労働省事務連絡の「3.障害福祉サービス事業所等の人員、施設・設備及び運営基準等の臨時的な取扱いに関する事項」などで示された取扱いの考え方を参考にしてください。

令和2年度 各種研修の開催延期について

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、以下の研修については開催時期を延期して実施予定です。

詳しくは、以下の各ページをご確認ください。

兵庫県事務連絡等(事業者向け)

新型コロナウイルス関連の兵庫県からの事務連絡を掲示します。

厚生労働省事務連絡等(事業者向け)

新型コロナウイルスに関連して、厚生労働省から発出された事務連絡等のうち、各事業者が周知対象となっているものについて、掲示します。

1. 基本的な事項

新型コロナウイルス感染症の感染防止策(咳エチケット、手洗い、アルコール消毒等)、流行地域からの帰国者等の取扱い、新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応等については、次の事務連絡を参照してください。

2. 感染拡大防止に関する事項

職員や利用者の体温計測及び発熱等の症状がある場合の対応、面会制限や委託業務者等への対応等、感染拡大防止のための対応については、次の事務連絡等を参照してください。

3. 障害福祉サービス事業所等の人員、施設・設備及び運営基準等の臨時的な取扱いに関する事項

障害報酬、人員、施設・設備及び運営基準等の臨時的な取扱いについては、次の事務連絡を参照してください。

4. 放課後等デイサービスに関する事項

学校の休校に関連する対応をはじめ放課後等デイサービスに関する事項については、次の事務連絡等を参照してください。

5. 医療的ケア児に関する事項

医療的ケア児に関する事項については、次の事務連絡を参照してください。

6. その他

その他の新型コロナウイルス感染症に関する事項については、次の事務連絡を参照してください。

 

厚生労働省ホームページ等の情報

厚生労働省のホームページ等において「新型コロナウイルスに関するQ&A」等が公表・更新されておりますので、ご確認ください。


兵庫県からのお知らせ(県民の皆様向け)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局障害福祉課(就労系以外、障害児)・ユニバーサル推進課(就労系)  
電話:078-341-7711
   内線2966(居宅系)
   内線3012(日中活動系・施設系(就労以外)、障害児)
   内線2836(就労系)
FAX:078-362-3911(就労系以外)、078-362-9040(就労系)