ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 予防接種に関する情報

ここから本文です。

更新日:2019年7月10日

予防接種に関する情報

子宮頸がんワクチンの接種について(県民の皆様へ)

子宮頸がんワクチンの接種について(県民の皆様へ)

骨髄移植等による定期接種ワクチン再接種費用の一部を助成する事業について

小児がん治療で骨髄移植等を行った場合、定期接種により移植前に得られていた免疫が低下若しくは消失し、感染症にり患する頻度が高くなるため、必要に応じて移植後の予防接種(再接種)の実施が推奨されていますが、再接種の費用は、被接種者(保護者)の自己負担となっています。

県では、再接種により、感染症の集団感染やまん延を防止し、また、被接種者の経済的負担を軽減することを目的とし、次の交付条件のいずれかに該当する助成を行う市町に対し、助成金の一部を補助する事業を開始しました。

なお、詳細につきましては、住所地の市町にお問い合わせください。

 

助成対象者

助成金の交付条件

県の助成金額

生活保護

受給者

助成を受けようとする助成対象者の保護者(以下「申請者」という。)が医療機関に支払った予防接種料又は市町が定める予防接種料の上限額のいずれか低い額を市町が申請者に助成すること。

市町が申請者に支払った予防接種料に2分の1を乗じた額とし、百円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。

その他

申請者が医療機関に支払った予防接種料又は市町が定める予防接種料の上限額のいずれか低い額の「全額」を助成すること。

市町が申請者に支払った予防接種料の100分の10に相当する額を一部負担金として控除した額に2分の1を乗じた額とし、百円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。

申請者が医療機関に支払った予防接種料又は市町が定める予防接種料の上限額のいずれか低い額の「100分の10に相当する額を一部負担金として控除した額」を助成すること。

市町が申請者に支払った予防接種料に2分の1を乗じた額とし、百円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。

 

※1再接種が必要と医師が認める者

2再接種を受ける日において、20歳未満の者

3各市町で定める日以降に再接種した者

再接種助成事業要綱(PDF:90KB)

予防接種関係の法令が改正されました

  1. 平成28年10月1日から、B型肝炎が定期の予防接種になりました。B型肝炎の定期予防接種に関するページへ
  2. 厚生労働省に定める長期にわたり療養を必要とする疾病(対象疾病参照)にかかったこと等で、定期の予防接種が受けることができなかった場合において、当該事情がなくなった日から2年を経過する日までの間に受けることができるようになりました。
  3. 医療機関の先生方へ、予防接種後の副反応報告が義務化されました。医師が予防接種法施行規則第5条に規定する症状(報告書様式参照)を診断した場合には、速やかに厚生労働省健康局結核感染症課へFAX(FAX番号:0120-510-355)に報告してください。

昭和37年4月2日から昭和54年4月2日の間に生まれた男性の風しんの予防接種について

平成31年2月1日から平成34年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(風しんの抗体検査を受けた結果、十分な量の風しんの抗体があることが判明し、予防接種を行う必要がない者を除く)に対し、風しんの予防接種が定期予防接種ととなりました。風疹の第5期定期接種に関するページへ

日本脳炎の予防接種について

日本脳炎の予防接種については、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度~平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。(積極的勧奨の差し控え)

その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常どおり受けられるようになっています。

日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控え(平成17~21年度)と、その間に接種機会を逃した方の接種(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

海外旅行時の予防接種について

海外旅行前の予防接種の選択は検疫所(外部サイトへリンク)へ相談して下さい。

予防接種機関データベース(外部サイトへリンク)(住所欄に兵庫県又は検索したい市町名を、ワクチン欄に予防接種名を入れ検索して下さい)

医療機関によっては、取り扱いが変わっている場合もありますので、事前に必ず確認して接種可能かどうかを問い合わせてから受診してください。*なお、予防接種の詳細は検疫所、お住まいの市役所、町役場にご相談ください。

副反応に関する情報

予防接種の副反応については、予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会(外部サイトへリンク)において検討が行われています。

市町の問い合わせ先

市町名 担当課(係)名 連絡先
神戸市 予防衛生課 TEL 078-322-6789,6788
姫路市 予防課 TEL 079-289-1635
尼崎市 保健企画課 TEL 06-4869-3010
西宮市 健康増進グループ TEL 0798-35-3308
明石市 (小児)こども健康課
(高齢者)あかし保健所保健予防課疾病予防係
TEL (こども健康課)078-918-5656
(保健予防課)078-918-5668
芦屋市 健康課母子保健係 TEL 0797-31-1586
宝塚市 健康推進課 TEL 0797-86-0056
三田市 健康増進課保健係 TEL 079-559-5701
伊丹市 健康政策課 TEL 072-784-8080
川西市 健幸政策課 TEL 072-758-4721
猪名川町 住民保健課健康づくり室 TEL 072-766-1000
加古川市 育児保健課 TEL 079-454-4188
高砂市 健康増進課健康づくり係 TEL 079-443-3936
稲美町 こども課育児支援係 TEL 079-492-9155
播磨町 すこやか環境グループ TEL

079-435-2611

小野市 市民福祉部健康課 TEL 0794-63-3977
加東市 健康課 TEL 0795-43-0435
西脇市 健康課 TEL 0795-22-3111
多可町 健康課 TEL 0795-32-5121
三木市 健康増進課 TEL 0794-86-0900
加西市 健康課 TEL 0790-42-8723
市川町

保健福祉センター

TEL 0790-26-1999
福崎町 健康福祉課予防係 TEL 0790-22-0560
神河町 健康福祉課 TEL 0790-32-2421
たつの市 健康課新宮保健センター TEL 0791-75-3110
太子町 さわやか健康課(保健衛生係) TEL 079-276-6630
佐用町 健康福祉課健康増進係 TEL 0790-82-0661
宍粟市 保健福祉課 TEL 0790-62-1000
相生市 子育て元気課 TEL 0791-22-7168
赤穂市 保健センター TEL 0791-46-8701
上郡町 健康福祉課健康係 TEL 0791-52-2188
豊岡市 健康増進課 TEL 0796-24-1127
香美町 健康課 TEL 0796-36-1114
新温泉町 健康福祉課 TEL 0796-99-2940
養父市 健康課 TEL 079-662-3167
朝来市 地域医療・健康課保健医療政策係 TEL 079-672-5269
篠山市 健康課 TEL 079-594-1117
丹波市 健康課 TEL 0795-82-4567
洲本市 健康増進課 TEL 0799-22-3337
南あわじ市 健康課 TEL 0799-43-5218
淡路市 健康増進課 TEL 0799-64-2541

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3264

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp