ホーム > 暮らし・教育 > こども・若者・家庭 > 子育て・家庭 > 自立支援教育訓練給付金

ここから本文です。

更新日:2021年5月17日

自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭の親が、就業に結びつく可能性の高い講座または教育訓練講座を受講し、修了した場合にその経費の一部を支給します。

対象者

ひとり親家庭の親で、以下の要件を満たす方

  1. 兵庫県内の町に住所を有している方(市にお住まいの方は、お住まいの市にお尋ねください。)
  2. 20歳未満の児童を養育している方
  3. 児童扶養手当の支給を受けているか、同等の所得水準にある方
  4. 支給を受けようとする方の就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して、当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められるものである方
  5. 過去に当給付金の給付を受けていない方

対象講座

  1. 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
  2. その他、上記に準じ知事が地域の実情に応じて対象とする講座

支給額

  • 雇用保険の受給資格のない者…対象教育訓練の受講のために本人が支払った教育訓練経費の60%に相当する額上限20万円(12,000円を超えない場合は給付しません。)
    • (例)入学料:10,000円、受講料:140,000円の場合
      150,000円の60%である90,000円が支給額となります。
  • 雇用保険の受給資格がある者…一般教育訓練給付(一般教育訓練給付の受講のために本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額上限10万円)の支給を受ける者に対し、経費の60%に相当する額上限20万円との差額(12,000円を超えない場合は給付しません。)
    • (例)入学料:10,000円、受講料:140,000円の場合
      150,000円の60%である90,000円と一般教育訓練給付分(150,000円の20%である30,000円)の差額である60,000円が支給額となります。

申請手続き

受講前に必ず事前相談のうえ申請してください。

下記担当地区に記載の郡部にお住まいの方は、お住まいを管轄する県健康福祉事務所にご相談ください。

※市にお住まいの方は、お住まいの市役所へご相談ください。

【必要な添付書類】(講座指定申請時)

  1. 戸籍謄本(抄本)
  2. 世帯全員の住民票の写し
  3. 児童扶養手当証書の写し又は対象者の前年の所得額等の証明書
  4. 個人番号(マイナンバー)が確認できるもの

【必要な添付書類】(支給申請時)※受講修了後30日以内に提出してください。

  1. 戸籍謄本(抄本)
  2. 世帯全員の住民票の写し
  3. 児童扶養手当証書の写し又は対象者の前年の所得額等の証明書
  4. 受講対象講座指定通知書
  5. 受講者の教育訓練の修了を認定する教育訓練修了証明書
  6. 支払った教育訓練経費の領収書(教育訓練施設長が発行したもの)

お問い合わせ先

機関名

電話番号

担当地区

阪神北県民局宝塚健康福祉事務所 0797-61-5176 川辺郡(猪名川町)
東播磨県民局加古川健康福祉事務所 079-421-1101(代表) 加古郡(稲美町、播磨町)
北播磨県民局加東健康福祉事務所 0795-42-5111(代表) 多可郡(多可町)
中播磨県民センター中播磨健康福祉事務所 079-281-3001(代表) 神崎郡(神河町、市川町、福崎町)
西播磨県民局龍野健康福祉事務所 0791-63-5136 揖保郡(太子町)、赤穂郡(上郡町)、佐用郡(佐用町)
但馬県民局新温泉健康福祉事務所 0796-82-3161(代表) 美方郡(香美町、新温泉町)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局児童課

電話:078-362-3201

FAX:078-362-0061

Eメール:jidouka@pref.hyogo.lg.jp