ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 兵庫県における看護職員確保対策について > 平成30年末兵庫県内看護師等業務従事者届の集計結果について

ここから本文です。

更新日:2019年7月25日

平成30年末兵庫県内看護師等業務従事者届の集計結果について

保健師、助産師、看護師、准看護師として業務に従事している者は、2年に1度都道府県知事に届け出ることが「保健師助産師看護師法」により義務づけられています。

また、兵庫県内において業務に従事している保健師、助産師、看護師、准看護師の全数について、業務従事場所、性別等による分布を明らかにし、看護職員の就業状況を把握することにより、今後の看護職員確保対策、保健・医療・福祉行政を推進するための基礎資料としています。

平成30年末現在について提出いただいた従事者届から就業場所別等で集計しました。

  1. 届出対象者
    兵庫県内で業務に従事している保健師、助産師、看護師及び准看護師のすべての方
    (平成30年12月31日現在で業務に従事している方のみ)
  2. 届出内容
    平成30年12月31日現在の住所、氏名、主たる業務、従事場所等(届出様式参照)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課

電話:078-362-3251

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp