ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > がん対策 > 企業におけるがん検診受診促進事業

ここから本文です。

更新日:2019年6月12日

企業におけるがん検診受診促進事業

兵庫県では、がん検診の「受診しやすい環境づくり」に取り組む事業所を支援するため、企業の従業員やその被扶養者ががん検診(胃がん・肺がん・大腸がん・子宮頸がん・乳がん)を受診した場合、その費用の一部を補助します。

補助対象となる事業所(兵庫県内の事業所のみ)

  • 健康づくりチャレンジ企業に登録されている企業のうち、従業員数(常時雇用労働者数)が、300名以下の事業所
  • 兵庫県内の従業員数100人以下の事業所等

補助の概要

1対象となる経費

がん検診費:従業員およびその被扶養者が受診した場合の検診費用

  • 胃がん検診:50歳以上の方
  • 肺がん検診:40歳以上の方
  • 大腸がん検診:40歳以上の方
  • 乳がん検診:40歳以上の女性
  • 子宮頸がん検診:20歳以上の女性

※平成31年4月1日時点の年齢

補助対象となる検査

  • 胃がん検診:エックス線検査(レントゲン)又は胃内視鏡検査(胃カメラ)
  • 肺がん検診:エックス線検査((胸部)レントゲン)及び喀痰細胞診検査  
  • 大腸がん検診:便潜血検査
  • 乳がん検診:エックス検査(マンモグラフィ)
  • 子宮頸がん検診:子宮頚部の細胞診検査

※胃がん検診・乳がん検診・子宮頸がん検診は、2年に1回補助対象となります。(詳細は、実施要綱をご確認ください)

2補助金額

全がん検診ともに以下のとおりです。

がん検診の自己負担額

補助金額

2,000円以下

自己負担相当額

2,000円超

2,000円

  • 1人の方が、複数のがん検診を受診された場合、各がん検診毎に補助金を受けることが可能です。

3補助対象となる受診期間

(平成31年度の場合)

平成31年4月1日から令和2年3月31日

 

4申請書受付期間

後日お知らせします

5その他

補助対象となるがん検診は、市町がん検診のほか、事業所の契約医療機関での検診、人間ドック等も対象となります。

※単価が明記されるものに限ります

補助にあたっての留意事項

  1. この事業を行う事業所には、積極的、継続的にがん検診の「受診しやすい環境づくり」に取り組んでいただきます。
  2. 補助は、県が別に定める「兵庫県健康福祉部補助金交付要綱」に基づき、予算の範囲内で事業所に行います。

申請にあたっての留意事項

  1. 交付決定された範囲を上回った実績について、補助は出来ません

平成31年(令和元年)度の補助金申請について

企業におけるがん検診受診促進事業実施要綱(PDF:103KB)

企業におけるがん検診受診促進事業実施要領(PDF:97KB)

※申請様式等については、募集開始時より掲載予定

平成30年度の補助金申請について※平成30年度の申請受付は終了しています。ご参考にご覧下さい。

平成30年度補助金交付申請書(様式)(エクセル:289KB)※交付申請時は、黄色の見出しのページを入力して下さい。

平成30年度補助金交付申請書(記入見本)(エクセル:290KB)※こちらは記入例です。申請様式ファイルではありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3202

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp