ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > こころの健康 > 薬物問題(乱用・依存)相談のご案内

ここから本文です。

更新日:2018年2月2日

薬物問題(乱用・依存)相談のご案内

薬物問題(乱用・依存)相談のご案内

薬物乱用とは

覚せい剤、大麻、危険ドラッグなどを使用したり、睡眠薬、向精神薬、鎮痛剤や咳止め薬などを社会的にも医学的にも不適切な目的や方法で使用することです。

薬物依存症とは

薬物乱用が繰り返されるうちに精神的・身体的に薬なしでは過ごせない状態になるなど、薬物の使用を自分でコントロールできなくなる病気です。

薬物依存症は周囲を巻き込む病気です。

周囲の正しい知識と適切な対応が本人の回復を助けます。

薬物依存症者本人やご家族、関係者を対象に、薬物問題への対応方法を一緒に考えたり、医療機関や自助グループのご紹介を行っています。

また、必要に応じて、センターで行っている専門の医師相談や家族教室へのご案内も行っています。

個人情報やお話の秘密は守られますので安心してご相談ください。

通報されたり、相談の内容が外部にもれたりすることはありません。

薬物依存症から回復するために~薬物の問題でお困りの方へ~(PDF:2,501KB)

★相談は予約制です。下記番号へ電話でご予約ください。
火曜~土曜の午前中(祝日、年末年始は除く)

兵庫県精神保健福祉センター

〒651-0073

兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-3-2

電話:078-252-4980

FAX:078-252-4981

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局県精神保健福祉センター

電話:078-252-4980

FAX:078-252-4981