ホーム > まちづくり・環境 > 公共交通 > 鉄道・車両交通 > Iron Man,Iron Ladyの散歩道(鉄道を利用したモデルルート提案)西播磨編

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

Iron Man,Iron Ladyの散歩道(鉄道を利用したモデルルート提案)西播磨編

西播磨編モデルルート

播磨の小京都を巡るロマンチック旅(PDF:251KB)【平日・土曜日ダイヤ】

古くからの街並みが残る、龍野と平福を巡った後、恋がかなう駅「恋山形駅」をめざします。

姫路駅11時07分→竜野駅11時22分(JR山陽本線)

竜野駅11時40分→川原町11時52分(たつの市コミュニティバス)

本竜野駅13時46分→佐用駅14時27分(JR姫新線)

  • JR線は、新型車両導入による高速化とあわせた、増便運行の実施により、兵庫県内12駅の利用者数は、238万人(平成21年度)から310万人(平成28年度)へ大幅に増加した路線です。
  • 新型車両側面のシンボルマークは、姫新線の「K」と「S」を用いて、豊かに続く田園を緩やかに飛ぶ赤とんぼをイメージしたものです。姫新線シンボルマーク

佐用駅14時43分→平福駅14時48分(智頭急行)

  • 佐用駅では、智頭急行に乗り換えです。
  • 佐用駅から姫路駅へ向かう場合は、JR姫新線と智頭急行では、出発する方向が逆になるので、注意が必要です。
  • 平福は、因幡街道の宿場町。昔ながらの街並みが残ります。平福

平福駅15時55分→恋山形駅16時39分(智頭急行)

恋山形駅17時45分→智頭駅17時51分(智頭急行)

智頭駅19時08分→姫路駅20時09分(智頭急行・JR山陽本線〔特急スーパーはくと14号〕)

  • スーパーはくと号は、制御式振り子装置を搭載して、曲線通過速度を向上した特急列車。JR山陽本線へ直通し、姫路駅まで一気に戻ります。

【番外編】保存車両巡りが好きな方へのプラン(姫路市営モノレール)

  • 山陽姫路駅9時48分→手柄駅9時50分(山陽電鉄本線)

手柄山交流ステーション(外部サイトへリンク)へは、山陽電鉄手柄駅から徒歩約10分。昭和41~49年にかけて活躍した姫路市営モノレールが、手柄山駅舎とともに保存されています。(火曜日休館)手柄山交流ステーション

  • 手柄駅10時56分→山陽姫路駅(南口)10時58分(山陽電鉄本線)

(以下、基本プランと同じ)

ご案内の情報は、平成29年9月1日時点のものです。時刻は変更となる場合がありますので、詳しくは各時刻表等をご確認下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局交通政策課

電話:078-362-3884

内線:4538

FAX:078-362-4277

Eメール:kendo_koutsuu@pref.hyogo.lg.jp