ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 港湾・海岸の整備・計画 > 姫路港の整備・利用のあり方

ここから本文です。

更新日:2020年7月2日

姫路港の整備・利用のあり方

路港は、背後圏の姫路市・播磨臨海工業地帯を支える国際拠点港湾として、重要な役割を担っています。しかしながら、近年、製造業の国際分業化や貨物のコンテナ化の進展など、姫路港を取り巻く社会情勢は大きく変化しています。
路港がこれからも地域を牽引する港としての役割を果たしていくため、平成27年から学識経験者や港湾関係者などから構成する「姫路港の整備・利用のあり方検討会」を設置し、物流のみならず、産業基盤づくりなどさらに幅広い観点から「姫路港の整備・利用のあり方」をとりまとめました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局港湾課 計画振興班

電話:078-362-3536

FAX:078-362-4280

Eメール:kouwanka@pref.hyogo.lg.jp