更新日:2009年12月18日

ここから本文です。

登録番号第29号

取組内容

廃木材の粉体化による建築資材等の製造

取組主体

株式会社 宮下木材

取組実施場所

加東市新定315

取組開始年月

平成12年8月

先導性の区分

利活用技術

ホームページ

http://www.reform-miyashita.com/(外部サイトへリンク)

取組の概要

取組の概要      

○平成12年から自社工場より発生する木くず(製材端材等)を再資源化する取り組みを開始。

○平成14年から中間処理業を取得、地域で発生する木くず(建築廃材、支障木等)を受け入れ、再資源化事業を拡大。

○再資源化製品は、木くずの破砕や粉体化により製造。利用目的に応じて、樹種、粉体化のサイズなどを研究。


施設の概要

○粉体化施設の処理能力

 最大処理能力:40t/日(平均処理能力:20t/日)


主な製品

○再生木材「スーパーウッド」の原料

○法面の吹きつけ基材「バークブロア」

○ウッドチップ(道路の舗装等に使用)

○線香の原料(納入先にてエコマーク認定線香を製造)

利活用バイオマスの種類と製品等について

粉体化施設

利活用バイオマスの種類と量等

種類

利活用量(年間)

利活用方法

製材端材、支障木等

2,000t/年

破砕、粉体化


製品又はエネルギー量

製品等の種類

製品量/エネルギー

生産量

建築資材等

2,000t/年


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9213

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp