ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 廃棄物・リサイクル > 兵庫県バイオマス活用推進大会を開催します

ここから本文です。

更新日:2021年4月14日

兵庫県バイオマス活用推進大会を開催します

バイオマスを製品やエネルギーとして活用していくことは、農山漁村の活性化や地球温暖化の防止、循環型社会の形成といった我が国の抱える課題の解決に寄与するものであり、その活用の推進を加速化することが強く求められています。

そこで、兵庫県におけるバイオマス利活用の推進のため、広く県民、事業者の皆様などに最新の情報を提供する機会として、事例発表及び講演による推進大会を開催します。

兵庫県バイオマス活用推進大会開催内容

令和2年度に登録した「ひょうごバイオマスecoモデル」2件の事例発表を行います。

また、家畜ふん尿などをエネルギーとして活用する過程で発生する副産物(消化液)を肥料として栽培した山田錦(酒米)と、これを原料に日本酒を醸造する取組を紹介します。さらに、バイオマスの利活用からつながる循環型社会の形成や地域の活性化について考えます。

ご関心をお持ちの方は、是非ご参加ください。

なお、新型コロナウィルス感染症対策のため、オンライン配信とします。

 

  1. 開催日時:令和3年4月26日(月曜日)14時00分~16時00分
  2. 開催方法:オンライン配信
  3. 開催内容
    • (1)令和2年度ひょうごバイオマスecoモデル取組事例発表
    • ecoモデル登録事例

      登録取組事業者名 取組内容 取組所在地
      株式会社マルヤナギ小倉屋 嫌気性微生物群を利用した食品工場排水の小規模メタンガス発電 加東市
      株式会社しそうの森の木 地域産木材のオガ粉によるペレット製造・ペレットストーブ普及事業 宍粟市
    • (2)講演
      • 講演1
        • 演題:「バイオガスと消化液、牧場における資源循環の形」
        • 講師:井原一高氏(神戸大学農学研究科准教授)
        • 乳牛ふん尿などのメタン発酵で得るバイオガスと液体肥料「消化液」を生かす弓削牧場(神戸市)のエネルギー自給と資源循環の試みについて解説していただきます。
      • 講演2
        • 演題:「消化液を利用した『地エネの酒 for SDGsプロジェクト』」
        • コーディネーター:辻本一好氏(神戸新聞社経営企画部専任部長、編集委員)
        • パネリスト:田中吉典氏(豊倉町営農組合組合長)、名古屋敦氏(株式会社ten)、中西重喜氏(NPO法人都市型農業を考える会)、岡田洋一氏(岡田本家)
        • 消化液を使った資源循環の山田錦栽培と日本酒づくりを目指す「地エネの酒 for SDGsプロジェクト」に参加した生産者と蔵元に初年度の取り組みを報告していただきます。
  4. 定員(オンライン):100名(先着順)
  5. 参加費:無料
  6. 申込方法
    • (1)下記の申込フォームからお申し込みください。(スマートフォンからの場合はQRコードを読み取ってください)
      https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/dform.do?acs=biomass申込QRコード
    • (2)メール・FAXの場合は必要事項を明記のうえで下記あてにお申し込みください。
      • 必要事項:バイオマス活用推進大会申込、所属・氏名・電話番号・メールアドレス
      • メール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp
      • FAX:078-362-4276
  7. 申込締切:令和3年4月22日(木曜日)
    ※ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9223

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp