ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > イノシシによる人身被害防止について

ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

イノシシによる人身被害防止について

イノシシは本来、用心深く臆病な動物ですが、餌付けなどで人に慣れると市街地に出没して、餌を求めて襲ってくることがあります。

六甲山周辺の市街地を中心に、毎年、かみつかれたり、突進されて怪我をした人身事故が発生しています。

29年度は15件の人身事故が発生しており、30年度も10月末で2件の事故が発生しています。

 

イノシシに出会った場合は

  • イノシシを刺激しないように、慌てずゆっくり後ずさりをして、その場を離れてください。
  • お弁当など、食べ物が入った袋を持っている場合は、袋を身体から遠ざけてください。袋を離して逃げてください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課

電話:078-362-3463

内線:4114

FAX:078-362-3069

Eメール:choujutaisaku@pref.hyogo.lg.jp