ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > 食の安全・安心 > 兵庫県でのフグ処理等の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2017年4月24日

兵庫県でのフグ処理等の取扱いについて

 フグには猛毒が含まれており、食べられる種類・部位は限られています。フグの正しい知識を持った人がフグ処理を行わないと非常に危険なため、処理ができる人を制限しています。

 兵庫県(神戸市、姫路市、尼崎市及び西宮市を除く。)では、フグによる食中毒の発生の防止を目的に、「兵庫県フグの衛生確保に関する要綱」を制定し、平成22年4月1日から施行しております。

 主な内容は次のとおりですので、県内でフグの処理、販売に関わる方はご注意ください。

 なお、詳細については、最寄りの健康福祉事務所(保健所)へご確認ください。

兵庫県フグの衛生確保に関する要綱の要点

(1)フグ処理を行う方

 フグの処理(有毒部位の除去)は、フグ処理責任者が行い、それ以外の方はフグ処理を行う業務に従事できません。

 ただし、フグ処理責任者の監督の下で従事する場合はこの限りではありません。

(2)フグ処理責任者の要件

 フグ処理責任者は次のいずれかに該当する方です。

  • 兵庫県が行うフグ処理責任者養成講習会を修了した方。
  • 兵庫県の「フグ調理・衛生に関する特別講習会受講済の証」を交付されている方。
  • 他の自治体のフグに関する条例に基づく免許を所有する方。
  • 兵庫県が行う講習会の内容と同等以上の内容と認められる他自治体が実施する講習会を受講した方。
  • 平成22年3月末までに他自治体にてフグ処理の資格が認められている方。

(3)フグ処理責任者養成講習会

 兵庫県が行うフグ処理責任者養成講習会では、講義(食品衛生関係法規、食品衛生学及びフグに関する知識)と実技講習(実際にフグを解体する)が含まれます。

 また、フグ処理責任者養成講習会を修了した方に修了証書をお渡しします。

(4)フグ処理施設の届出

 フグの処理をはじめようとする施設の営業者は、専任のフグ処理責任者を配置し、最寄りの健康福祉事務所へフグ処理開始の届出を行ってください。

(5)みがきフグ等取扱店の届出

 有毒部位が適切に除去されたみがきフグ等の販売又は調理をはじめようとする営業者は、最寄りの健康福祉事務所へ取扱開始の届出を行ってください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局生活衛生課

電話:078-362-3258

FAX:078-362-3970

Eメール:seikatsueiseika@pref.hyogo.lg.jp