ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > センター長メッセージ(緊急事態宣言解除)

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

センター長メッセージ(緊急事態宣言解除)

いつもより早い梅雨が始まり、徐々に夏の気候になってまいりました。
温度調整のできる服装で、体調に気をつけてまいりましょう。

兵庫県の緊急事態宣言が6月20日をもって解除され、6月21日~7月11日までの間、まん延防止等重点措置区域となりました。管内では、姫路市が対象区域とされています。
新規感染者は減少しつつありますが、いまだ変異株等の脅威は残っています。
これまでの皆様の努力とご協力に感謝申し上げますとともに、気を緩めず、これからも感染対策の取組にご協力をお願いいたします。

  1. 外出自粛 
    感染拡大地域への往来の自粛。路上・公園での飲酒、友人・グループによる宅飲みなど感染リスクの高い行動はやめてください。
  2. 家庭での感染対策の徹底
    新規感染の6割が家庭です。「持ち込まない、広げない」行動の徹底をお願いします。
  3. 飲食店での感染対策の徹底
    感染対策の徹底、営業時間の短縮、土日祝日の酒類提供の禁止などへのご協力をお願いします。
  4. 事業所・施設等での感染対策の徹底
    テレワーク等の推進、ワクチンの職域接種への取組をお願いします。
  5. ワクチン接種の推進
    大規模接種や職域単位のワクチン集団接種への積極的な参加をお願いします。

「豊かなむらを災害から守る月間」の防災パトロール

兵庫県では、6月1日から6月30日までの1ヶ月間を「豊かなむらを災害から守る月間」と定め、梅雨や台風に備えて、農山村地域の要監視ため池・山地災害危険地区等の点検を行うことで、災害を未然に防止する運動を進めおります。
この一環として、県及び管内市町は、危険地の点検・確認を行い、必要に応じため池管理者への防災指導等を実施しておりますが、中播磨県民センターでは、6月3日(木曜日)防災パトロールを実施しました。
梅雨や台風シーズンに向け、県民センターでは引き続き関係機関や地元関係者の皆さんと連携して危険箇所の点検や連絡体制の確認を行いますのでご協力お願いします。

ため池パトロール1 ため池パトロール2 

 これまでのセンター長メッセージ

令和3年6月(緊急事態宣言延長)

令和3年5月(緊急事態宣言発令中)

令和3年4月

令和2年度
令和3年3月 令和3年2月 令和3年1月 令和2年12月 令和2年11月 令和2年10月

令和2年9月 令和2年7月 令和2年5月 令和2年4月

平成31年・令和元年度
令和2年3月 令和2年2月 令和2年1月 令和元年12月 令和元年11月 令和元年10月

令和元年9月 令和元年8月 令和元年7月 令和元年6月 令和元年5月 平成31年4月

平成30年度

 

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 総務防災課

電話:079-281-9051

FAX:079-285-1102

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp