ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > センター長メッセージ(12月)

ここから本文です。

更新日:2021年2月8日

センター長メッセージ(12月)

今年もいよいよ最後の月となりました。
本格的な冬の到来を迎え、お体にお気をつけてお過ごしください。

今年は残念ながら、新型コロナウイルスで落ち着かない1年でした。
現在も兵庫県内では、クラスターの発生等により新規感染者が増える状況が続いており、「感染拡大特別期」となっています。

 

感染リスクが高まるとされる次の「5つの場面」に注意しましょう。

 

  1. 飲酒を伴う懇親会等
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食
  3. マスクなしでの会話
  4. 狭い空間での共同生活
  5. 仕事から休憩室、喫煙所、更衣室等への居場所の切り替わり

 

年末を控え、いっそうのご理解・ご協力をお願いします。

みんなの「川・道・港・まち」絵画展 入選作品の展示

令和2年 小学生の夏 みんなの「川・道・港・まち」絵画コンクールの入選作品48点を姫路総合庁舎の2階ロビーで令和3年1月29日(金曜日)まで展示します。

どの絵も力作で、子どもたちの感性豊かな作品ばかりです。

開庁日であれば、観覧は自由ですのでぜひご覧ください。

また各賞に選ばれた18名の表彰式を、12月28日(月曜日)の11時から、絵画が展示されている2階ロビーで行う予定です。

銅賞 金賞

令和2年度「歳末たすけあい運動」愛の鍋開き

歳末愛の預託金運動の一環として、中播磨県民センターでは県職員による募金運動を行っております。来庁者にも協力を呼びかけるため、姫路総合庁舎1階の玄関ホールに、「愛の鍋」を設置しています。

その「鍋開き」を毎年庁舎で開催してまいりましたが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、姫路市立城陽幼稚園への協力依頼の訪問という形にしました。

かわいらしい園児たちによるダンスの披露や、鍋への募金はじめなど、例年とは違う形ではありましたが、心温まる鍋開きとなりました。

ダンス 鍋開き

県立山の学校生徒たちから手づくりベンチを寄贈いただきました

12月7日(月曜日)、兵庫県立山の学校(宍粟市山崎町)の生徒たちから、授業で製作した手作りの木製ベンチ2台を中播磨県民センター長室に寄贈していただきました。
「コウヨウザン」を使用して製作された一枚板からなる立派なベンチです。
大切に使用させていただきます。

山の学校は「自然を中心とした学びの場で、さまざまな体験活動をとおして、たくましく生きる力を培い、自信と夢と勇気をもって、兵庫の未来を切り開く、心豊かな青少年を育成する。」ことを目的に平成5年に開校した学校で、15歳から20歳までの若者が寮での共同生活を送りながら、自然の中でさまざまな体験活動に励んでいます。

現在、山の学校では、令和3年度の入学生を募集しています。
ご興味のある方は、直接、山の学校(TEL 0790-62-8088)へお問い合わせください。

贈呈時写真 ベンチ

制作風景1 制作風景2

これまでのセンター長メッセージ

令和2年11月

令和2年10月

令和2年9月

令和2年7月

令和2年5月

令和2年4月

平成31年・令和元年度

令和2年3月 令和2年2月 令和2年1月 令和元年12月 令和元年11月 令和元年10月

令和元年9月 令和元年8月 令和元年7月 令和元年6月 令和元年5月 平成31年4月

平成30年度

 

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 総務防災課

電話:079-281-9051

FAX:079-285-1102

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp