ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 医療から介護までの一貫した栄養管理を目指して~「食形態伝達ツール」と「在宅療養者食事サポートブック」ができました!~

ここから本文です。

更新日:2015年6月17日

医療から介護までの一貫した栄養管理を目指して~「食形態伝達ツール」と「在宅療養者食事サポートブック」ができました!~

  伊丹健康福祉事務所では、医療から介護までの一貫した栄養管理を目指して、療養者の方の栄養管理に関する情報を相互に共有するシステム「栄養管理連携パス」の構築に取り組んでいます。
  このたび、施設移動時の食形態情報の伝達基準となる「食形態伝達ツール」と在宅療養者の栄養・食生活支援を進めるための「食事サポートブック」を作成しましたので、ぜひご活用ください。

栄養管理連携パスの運用イメージ

 栄養管理連携パスの運用イメージ

栄養管理ファイル活用のメリット

療養者のメリット
転院や施設入所、在宅療養になった時に、適切な栄養管理・食生活サービスが受けられます。
医療機関・介護福祉施設のメリット
療養者の栄養情報が把握できるので、入院入所時に適切な栄養管理ができます。

食事サポートブックの内容

  1. 加齢に伴う身体の変化
  2. 低栄養の早期発見チェック
  3. 高齢者の脱水と適切な水分補給
  4. 食べる力の落ちてきた人の栄養アップ対策
  5. 嚥下障害のリスクとかむ力・飲み込む力に合わせた食形態
  6. 塩分を減らすポイント
  7. 知っておきたい!おかゆ作りの工夫

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 伊丹健康福祉事務所

電話:072-785-9437

FAX:072-777-4091

Eメール:Itamikf@pref.hyogo.lg.jp