ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 障害福祉サービス・障害者支援 > 高齢重度障害者医療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2019年5月21日

高齢重度障害者医療費助成事業

後期高齢者医療制度の被保険者で重度障害者の方が、病気やけがをして医療機関等を受診した場合に、医療保険における自己負担の一部を公費負担します。

助成を受けるための申請等、高齢重度障害者医療費助成事業についての手続きは、お住まいの市(区)役所・町役場で行います。

事業の概要について

助成範囲は、下記のとおりです。

なお、市町によっては、県の助成範囲に上乗せをして助成しており、対象要件・所得制限・一部負担金等が異なっている場合がありますので、詳しくは、お住まいの市町の福祉(高齢重度障害者)医療担当課(市町高齢重度障害者医療費助成事業リンク先一覧(エクセル:44KB))にお問い合わせ下さい。

対象となる方について

後期高齢者医療制度の被保険者で、次に示す障害程度の方

  1. 障害の程度が1級及び2級の身体障害者
  2. 重度(療育手帳A判定)の知的障害者
  3. 重度(精神障害者保健福祉手帳1級)の精神障害者(精神疾患による医療を除く一般医療が対象)

所得制限について

自立支援医療制度の所得制限基準を準用(市町村民税所得割税額23.5万円未満)※

※指定都市の税率で市町村民税が賦課される場合は、指定都市以外に住所を有する者とみなして算定した所得割額で判断します。

一部負担について

通院

1保険医療機関等あたり1日600円(低所得者400円)を限度に月2回までを負担

入院

定率1割負担(負担限度額月額2,400円(低所得者1,600円)までの負担)
3か月を超える入院の場合、それに続く4か月目以降の一部負担金は求めません。

 

お問い合わせ

部署名:健康福祉部社会福祉局国保医療課

電話:078-362-3208

FAX:078-362-3967

Eメール:kokuhoiryo@pref.hyogo.lg.jp