ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 障害者社会参加 > 障害者芸術「する・みる・ささえる」応援プロジェクト作品展示・発表会開催支援事業

更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

障害者芸術「する・みる・ささえる」応援プロジェクト作品展示・発表会開催支援事業

兵庫県各地の障害者を支援する障害福祉サービス事業所及び法人が、ポストコロナの新しい生活様式に対応し、障害者が芸術活動で創作した作品を身近な地域で展示・発表できるよう、新型コロナウイルス感染症対策費を含めた展示会等の開催に必要な経費の一部を助成します。

障害者芸術「する・みる・ささえる」応援プロジェクト作品展示・発表会開催支援事業の概要

補助事業名 障害者芸術「する・みる・ささえる」応援プロジェクト作品展示・発表会開催支援事業
補助対象者

下記の要件をすべて満たすもの

  1. 令和3年4月1日時点で県内に存する障害福祉サービス事業所又は障害者当事者団体若しくは障害者の芸術文化活動の支援を主活動とする団体であること。
  2. 県が設置した「障害者アートギャラリー」において、令和2年度及び令和3年度中に常設展示を行っていないこと(行う予定となっていないこと)。

障害者芸術文化活動の更なる振興を図る観点から、要件にあてはまる複数の事業所又は団体が共同で開催する展示会等を優先して支援します。詳細は募集要項をご覧ください。

補助の対象となる期間

令和3年12月1日(水曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで

事業実施前に申請してください。申請時点で既に終了している事業や事業着手している事業は補助の対象となりませんので、ご注意ください。

補助対象事業

障害者が創作した作品で

  1. 絵画、書、写真、工芸品等を展示するもの
  2. 演劇、演奏等を発表するもの

ただし、2.演劇、演奏等については、複数の事業所又は団体が共同で開催し、かつ、3演目以上を発表するものに限ります。詳細は募集要項をご覧ください。※文化祭などの校内行事や企業・学校・地域団体内のサークル・クラブ活動など団体内部の行事とみなされるものは対象となりません。

補助対象経費
  1. イベント開催経費(会場・機材等の使用料、チラシ作成費、新型コロナウイルス感染症対策にかかる経費等)
  2. 運送設営経費(作品・機材等の運送費、設営費)
募集件数 5団体
助成額 イベント開催経費、運送設営経費ともに1団体あたり上限8万円
その他 申し込みをいただいた書類を県において審査し、11月下旬を目途に助成の内示を行います。助成を決定する内示があった団体には、内示通知を受け取り後、補助金交付申請手続を行っていただきます。
募集締切 令和3年11月12日(金曜日)まで

 

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課

電話:078-362-4090

FAX:078-362-9040

Eメール:universal@pref.hyogo.lg.jp