ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 「兵庫県外来医療計画」の策定について

ここから本文です。

更新日:2021年5月21日

「兵庫県外来医療計画」の策定について

1.目的等

医療法の一部改正(平成30年7月公布)に基づき、外来医療提供体制の確保及び医療機器の効率的な活用を図るため、「兵庫県外来医療計画」を策定しました。

兵庫県外来医療計画(概要)(PDF:166KB)

兵庫県外来医療計画(本文)(PDF:7,633KB)

【主な内容】

(1)外来医療提供体制の確保(対象:診療所)

  • 外来医療機能の偏在・不足等の可視化
  • 診療所の新規開業希望者に対する情報提供
  • 外来医療に関する協議の場の設置

(2)医療機器の効率的な活用(対象:病院・診療所)

  • 医療機器の配置状況に関する情報提供
  • 医療機器の効率的活用のための協議

2.計画の位置づけ

兵庫県保健医療計画(平成30年4月策定)の一部として策定

3.計画期間

令和2年度から令和5年度までの4年間

(令和6年度以降は、3年ごとに見直しを行う)

なお、推進方策の実施等については、新型コロナウイルスの感染状況等を踏まえ、別途決定します。

4.対象区域の設定

兵庫県保健医療計画で定める二次医療圏を単位とする。

5.協議の場の設置

外来医療に係る医療提供体制の確保に関する事項を協議するため、下記のとおり設置する。

(1)外来医療計画推進会議(二次医療圏域)

  • 地域医療構想調整会議等を活用し、各圏域に設置
  • 協議結果は、医療審議会地域医療対策部会に報告

【主な協議内容】

  • 新規開業者からの届出内容の確認
  • 医療機器購入者の共同利用計画の確認

(2)地域部会(必要に応じて設置)

  • 外来医療の提供体制について地域の実情を反映した協議が行われるよう、「外来医療計画推進会議」の下に、必要に応じて「地域部会」を設置できることとする。
  • 「地域部会」は、在宅医療推進協議会を活用し、群市区医師会の区域で設置
  • 「地域部会」の協議結果は、「外来医療計画推進会議」に報告
  • 医療機器に関する協議については、必要に応じて当該機器を保有する医療機関の管理者、放射線診療の専門家等で構成されたワーキンググループ等を設置できることとする。

6.外来医療提供体制の確保(対象:診療所)

【推進方策】

(1)新規開業者等への外来医療提供体制の確保に関する情報の提供
  • 外来医師の偏在状況及び外来医師多数区域の設定
  • 医療機関のマッピングに関する情報
  • 地域で不足する外来医療機能 等
医療機関のマッピングについては、下記のとおりです。

医療施設の所在地マップ(兵庫県)(PDF:3,084KB)

医療施設の所在地マップ(神戸圏域)(PDF:8,869KB)

医療施設の所在地マップ(阪神圏域)(PDF:8,483KB)

医療施設の所在地マップ(東播磨圏域)(PDF:6,578KB)

医療施設の所在地マップ(北播磨圏域)(PDF:9,488KB)

医療施設の所在地マップ(播磨姫路圏域)(PDF:4,927KB)

医療施設の所在地マップ(但馬圏域)(PDF:3,637KB)

医療施設の所在地マップ(丹波圏域)(PDF:8,767KB)

医療施設の所在地マップ(淡路圏域)(PDF:9,713KB)

(2)地域で不足する外来医療機能に関する協議
  • 新規開業者は、診療機能及び地域で不足する外来医療機能を担うことに対する考え方を、遅くとも診療所開設届等提出時までに「外来医療機能に係る報告」として提出し、外来医療計画推進会議(地域部会)で確認する。
  • 外来医師多数区域(神戸圏域、阪神圏域、淡路圏域)においては、地域で不足する外来医療機能を提供する意向の無い新規開業者の意向聴取等を行うことができることとする。

7.医療機器の効率的な活用(対象:病院・診療所)

【推進方策等】

(1)共同利用の方針(全圏域・全対象医療機器共通)

医療機関は、対象医療機器を新規購入する場合、共同利用計画を作成し、外来医療計画推進会議等において、計画の確認を受ける。

  • 対象医療機器:CT、MRI、PET、マンモグラフィー、放射線治療器
  • 新規購入:新設、増設、更新、リースにより新たに調達する場合を含む
  • 共同利用:連携先の病院又は診療所から紹介された患者のために利用される場合を含む

(2)医療機器の配置状況等に関する情報提供

  • 対象医療機器の配置状況
  • 対象医療機器を有する医療機関の5疾病・5事業及び在宅医療における役割 等

対象医療機器の配置状況については、下記のとおりです。

医療機器保有施設の所在地マップ(兵庫県)(PDF:3,017KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(神戸圏域)(PDF:9,134KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(阪神圏域)(PDF:8,803KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(東播磨圏域)(PDF:7,259KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(北播磨圏域)(PDF:3,485KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(播磨姫路圏域)(PDF:7,344KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(但馬圏域)(PDF:3,850KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(丹波圏域)(PDF:9,951KB)

医療機器保有施設の所在地マップ(淡路圏域)(PDF:3,123KB)

(3)新規購入する医療機関の「共同利用計画」の確認

  • 対象医療機器の新規購入医療機関は、遅くとも医療機器設置届提出時までに「共同利用計画」を提出し、外来医療計画推進会議等で確認する。
  • 外来医療計画推進会議等は、必要に応じて、届出した医療機関から、具体的な共同利用の取組等について意見聴取等を行うことができることとする。
  • 医療機関は、共同利用計画の実施状況について、毎年度、届出を行うものとする。

8.参考

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課 企画調整班

電話:078-362-4351

内線:3219

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp