ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広報 > 県庁見学 > 兵庫県公館について

ここから本文です。

更新日:2020年6月2日

兵庫県公館について

兵庫県公館

明治の香り漂う 兵庫の迎賓館へようこそ

お知らせ

兵庫県公館の運営について

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、以下の運営となります。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

[一般開放]

当面の間、一般開放は中止致します。
なお、再開する場合は当ホームページでご案内致します。

[兵庫県公館県政資料館]

令和2年6月2日(火曜日)より感染防止対策を実施し、開館いたします。

ご来館のみなさまへのお願い

1 ご来館にあたって
  • (1)マスクの着用をお願いします。
  • (2)発熱など体調がすぐれない場合は入場しないでください。
  • (3)入館の際は、入口に設置の消毒液で消毒をお願いします。
  • (4)感染者の入館が判明した際の連絡に使用しますので、連絡先の提供にご協力ください。
2 入館時
  • (1)館内でもマスクを着用し、咳エチケットの徹底にご協力ください。
  • (2)他のお客様との距離を2m確保してください。
  • (3)大声での会話はご遠慮ください。
  • (4)こまめな手洗いにご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染防止のため、ご来館の皆様にご理解、ご協力をお願いします。

 

兵庫県公館県政資料館「心・土・釉・炎のハーモニー 小倉健陶芸展」の開催について

兵庫県公館県政資料館の「兵庫の文化」展示室において、6月2日(火曜日)から「心・土・釉・炎のハーモニー小倉健陶芸展」を開催します。

兵庫県明石市ご出身の陶芸家、小倉健氏は、兵庫県工芸美術作家協会相談役、神戸芸術文化会議常任委員、明石美術協会理事として、工芸美術及び陶芸文化の振興に貢献されています。

幼少期より、父、千尋氏から陶芸の技や面白さを学ばれました。その後、工業デザインの世界で感性を磨きつつ、彫刻家富永直樹氏に立体造形の指導を受け、水彩画を別車博資氏に師事した後、陶芸家の道に進まれました。

小倉氏の、明石焼の伝統的な技法を踏まえつつ新たな技術を加えた、独創的でモダンな作品は、四季や海、山、野鳥などを題材に、自然との対話から生命感と美のリズムを体感し、その心象で、姿、形、色彩を表現されています。作品をとおして国際交流に貢献されるとともに、作品の寄贈など社会福祉にも寄与されています。

本展覧会では、小倉氏の、土のフォルムと釉彩の調和の中に詩情を盛り込んだ創作陶芸の数々を展覧いたします。

なお、ご来館いただく皆さまには感染防止対策へのご理解、ご協力をお願いいたします。

 

日程:令和2年6月2日(火曜日)から令和2年8月22日(土曜日)

平日:9時~17時

土曜日(※):10時~16時

場所:兵庫県公館2階 県政資料館展示室7

料金:無料

※当面の間、新型コロナウイルス感染防止のため、毎週土曜日は休館します。なお、再開する場合は当ホームページでお知らせします。

 

県政資料館の展示について

県政資料館部門の展示室1~8のすべての部屋はご自由にご覧いただけます。入場無料です。
県政資料館について

 

兵庫県公館とは

兵庫県公館は、明治35年(1902)年に兵庫県本庁舎として建設され、永きにわたり県政の歩みを刻んできた歴史的文化遺産です。

昭和60年(1985)年に、迎賓館と県政資料館を併せ持つ兵庫県公館として整備されてからは、内外からの賓客の接遇、県政の重要な会議や式典に利用されるとともに、県政の歩みや兵庫の姿などを紹介しています。

第一会議室

 

名称

兵庫県公館

所在地

〒650-8567 神戸市中央区下山手通4丁目4番1号

施設概要

迎賓館部門

県の重要な公式行事に使用

県政資料館部門

県政の歩みなどを多彩な展示物や映像で紹介

歴史的価値のある公文書などを公開

規模

敷地面積

8,772.5平方メートル

延床面積

9,498.7平方メートル

構造

鉄筋コンクリート造(壁式)地上3階・地下2階

兵庫県公館一般開放について

公館では、毎週土曜日(年末年始を除く)の午前10時から午後4時まで、迎賓館部門(知事室、貴賓室など)と県政資料館部門を一般開放しています。〈入場無料〉

また、県政資料館部門は、祝日を除く平日(月曜日~金曜日)も、午前9時から午後5時まで自由にご覧いただけます。
随時、兵庫県の歴史や県ゆかりの著名な芸術家の作品に関する特別展示も行っていますので、ぜひご来館ください。

→詳しくは、下記の関連リンク「兵庫県公館 県政資料館」のページをご覧ください。

県政資料館

 

兵庫県公館の別棟「楠園亭(なんえんてい)」をご存じですか!?

公館東庭園の南東の角に、和風の建物が建っています。明治の洋館である公館と同じ敷地で意外に思われるかもしれませんが、この建物は「楠園亭」と呼ばれ、賓客のおもてなしなどに使用する施設です。なお、県で使用する予定がない時には、芸術文化団体の催しなどにも有料でご利用いただけます。ご希望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

【問い合わせ:078-362-3823 秘書課儀典室】

関連メニュー

 


お問い合わせ

部署名:企画県民部知事公室儀典室

電話:078-362-9379

FAX:078-362-4468

Eメール:giten@pref.hyogo.lg.jp