ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 計画・取組(道路整備) > 「ひょうご基幹道路あり方検討委員会」について

ここから本文です。

更新日:2018年2月20日

「ひょうご基幹道路あり方検討委員会」について

人口減少社会においても、地域の活力を維持し、地域創生を実現していくためには、「地域産業の活性化」や「交流の拡大」、「緊急輸送の確保」など、幅広い役割を担う基幹道路ネットワークが、これまで以上に重要な役割を担うことになります。
このため、本県では、地域の現状と課題や、基幹道路をとりまく状況、兵庫県の将来像などを踏まえ、地域創生の実現に向けた「ひょうご基幹道路ネットワーク整備基本計画(仮称)」を策定することとし、計画策定に先立ち、今年度は「ひょうご基幹道路のあり方(仮称)」をとりまとめる予定です。
幅広い議論のもとに「ひょうご基幹道路のあり方(仮称)」をとりまとめるため、学識者、道路利用者、行政による『ひょうご基幹道路あり方検討委員会』を設置し、検討を進めています。

委員会規約

委員会開催状況

パブリックコメントの実施

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局道路企画課

電話:078-362-3519

FAX:078-362-3948

Eメール:dourokikaku@pref.hyogo.lg.jp