ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 計画・取組(道路整備) > 明石海峡大橋等有効活用の取り組み

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

明石海峡大橋等有効活用の取り組み

貴重な地域資源である明石海峡大橋や大鳴門橋の有効活用に取り組んでいます。

普段は立ち入ることができない管理用通路を歩いて渡りながら、眼下に広がる明石海峡や鳴門のうずしお、世界一の架橋技術を体感していただくイベントを実施しています。

明石海峡大橋

令和2年度開催イベント

明石海峡大橋海上ウォーク・大鳴門橋うずしおウォーク

令和2年度の管理路ウォーク(明石海峡大橋海上ウォーク・大鳴門橋うずしおウォーク)の開催時期・内容等については、決まり次第、お知らせします。

【内容】

普段は歩いて通ることができない「明石海峡大橋」や「大鳴門橋」。

ぜひこの機会に、いつもとは違う視線の明石海峡大橋の雄大な景色や鳴門のうずしおをお楽しみください。

【共催】

本四道路活用イベント実行委員会〔兵庫県、徳島県、神戸市、明石市、洲本市、南あわじ市、淡路市、鳴門市、(公財)兵庫県園芸・公園協会、

(公財)兵庫県まちづくり技術センター、(一財)淡路島くにうみ協会、本州四国連絡高速道路(株)、(一社)淡路島観光協会〕

海上ウォーク

 

令和元年度の取り組み結果

明石海峡大橋 海上ウォーク〔5月25日(土曜日)、5月26日(日曜日) 参加者2,187人〕

大鳴門橋 うずしおウォーク〔9月14日(土曜日)、9月15日(日曜日) 参加者242人〕

明石海峡大橋 海上ウォーク〔11月9日(土曜日)、11月10日(日曜日) 参加者1,618人〕

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局高速道路推進室

電話:078-362-9256

FAX:078-362-3948

Eメール:kosokudoro@pref.hyogo.lg.jp