更新日:2022年8月16日

ここから本文です。

兵庫県港湾審議会について

港湾法(昭和25年法律第218号)第35条の2の規定により、兵庫県港湾審議会条例を制定し、県の管理する国際拠点港湾及び重要港湾に係る重要事項を調査審議している。

委員構成

港湾審議会委員数:36名(令和4年4月1日現在)

(内訳)

  1. 学識経験のある者:6名
  2. 港湾利用者を代表する者:9名
  3. 関係市町長:8名
  4. 関係地方公共団体の議会の議員を代表する者:5名
  5. 関係行政機関の職員:8名

審議会の組織

兵庫県港湾審議会条例及び兵庫県港湾審議会運営要綱により、県管理の国際拠点港湾及び重要港湾ごとに部会及び特別部会が設置され、審議案件を所管する部会または特別部会にて審議を行う。

  1. 部会
    1. 姫路港部会
    2. 尼崎西宮芦屋港部会
    3. 東播磨港部会
  2. 特別部会(港湾計画の変更のうち、軽易な変更に関する事項を審議する。)
    1. 姫路港特別部会
    2. 尼崎西宮芦屋港特別部会
    3. 東播磨港特別部会

審議実績等

お問い合わせ

部署名:土木部 港湾課

電話:078-362-3536

FAX:078-362-4280

Eメール:kouwanka@pref.hyogo.lg.jp