ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり指針 > たんば三街道

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

たんば三街道

兵庫県丹波地域では全域を「丹波の森」と位置づけ、緑豊かな自然や文化など地域の特性や資源を活かしながら、人と自然と文化の調和した地域づくりが行われています。

そんな中で、地域の生活や交流の軸となる道路もその対象として、地域が愛着を持ち、地域づくりに資する道づくりに取組んできています。

丹波地域では、平成元年度に主要な道路である国道176号などに「丹波の森街道」「水分れ街道」「デカンショ街道」の愛称をつけました。その後、平成19年度には、「たんば三街道」の名称で県道篠山山南線を含め「日本風景街道」の登録を受けました。

また、県道篠山山南線は、平成22年3月に「川代恐竜街道」の愛称をつけております。

 たんば三街道

  • 丹波の森街道:国道427号~県道青垣柏原線~国道176号(篠山市草野~丹波市青垣町遠阪)
  • 水分れ街道:国道175号(丹波市山南町井原~丹波市市島町下竹田)
  • デカンショ街道:国道372号(篠山市西野々~篠山市今田町本荘)
  • 川代恐竜街道:県道篠山山南線(篠山市大山下~丹波市山南町谷川)

兵庫の風景街道

県道篠山山南線「川代恐竜街道」

パンフレット表紙

丹波県民局では、平成19年11月に「たんば三街道」の名称で日本風景街道の登録を受けた県道篠山山南線の一部区間(篠山市大山下~丹波市山南町谷川)について、今ある風景資源を適切に把握し、それらを将来に向け守り創り育てることで、魅力の多い道路とするため風景整備計画を平成21年に策定しました。

また、県道篠山山南線の当区間の道路愛称を平成22年3月に「川代恐竜街道」と命名しました。

美しい景観資源や地域資源を活かしながら、地域住民が愛着を持ち、かつ、地域活性化に繋がる、安全・安心な道づくりを目指しています。

これまで下記のような取り組みを行っています。

  

 

 これまでの取り組み

tengusu1 tengusu2 dourosain1 annaikanban1 hokousyaannaikanban1

  桜てんぐす病対策     桜てんぐす病対策      道路サイン         案内看板        歩行者の案内看板

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 丹波土木事務所 企画調整担当

電話:0795-73-3828

FAX:0795-73-0034

Eメール:tanbadoboku@pref.hyogo.lg.jp