ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 防災対策 > 兵庫県地域防災計画

ここから本文です。

更新日:2017年10月24日

兵庫県地域防災計画

地域防災計画とは、災害対策基本法に基づき、都道府県、市町村の防災会議がそれぞれの地域の実情に即して作成する災害対策全般にわたる基本的な計画です
兵庫県地域防災計画は国の中央防災会議の防災基本計画(外部サイトへリンク)を踏まえ、兵庫県防災会議が作成します
兵庫県地域防災計画は、阪神・淡路大震災以降、これまで12回にわたり修正を行い、風水害等対策計画、地震災害対策計画のほか、海上災害対策計画、原子力等防災計画、大規模事故災害対策計画を作成するなどその充実を図ってきました

兵庫県地域防災計画作成の経緯

昭和38年 地域防災計画作成←災害対策基本法の制定(昭和36年)を受けて
昭和62年 本編から「震災対策計画」を充実・独立
平成8年 風水害等対策計画、地震災害対策計画の修正
(内容)阪神・淡路大震災の教訓を踏まえた抜本的な見直
平成10年 風水害等対策計画、地震災害対策計画の修正
(内容)地震被害想定結果を地震災害対策計画に反映
海上災害対策計画の作成←ナホトカ号重油流出事故(平成9年)の教訓を踏まえて
平成13年 風水害等対策計画、地震災害対策計画の修正
(内容)震災対策国際総合検証事業の提言を踏まえた修正
原子力等防災計画の作成←東海村ウラン加工施設臨界事故(平成11年)、県内におけるスクラップからの放射性同位元素検出事案(平成12年)の教訓を踏まえて
平成14年 大規模事故災害対策計画の作成←明石市民夏まつり花火大会事故(平成13年)等の教訓を踏まえて
平成15年 風水害等対策計画、地震災害対策計画、海上災害対策計画の修正
(内容)国、県等の防災対策の充実
平成16年 地震災害対策計画の1編として「東南海・南海地震防災対策推進計画」を作成
平成19年 風水害等対策計画、地震災害対策計画、大規模地震災害対策計画の修正
(内容)復興10年総括・台風23号災害・JR福知山線事故の検証等を踏まえた見直
平成24年 風水害等対策計画、地震災害対策計画の修正
(内容)東日本大震災の教訓を踏まえた見直
平成25年 風水害等対策計画、地震災害対策計画の修正
災害対策基本法改正、防災基本計画修正を踏まえた見直し
平成26年 風水害等対策計画、地震災害対策計画、大規模事故災害対策計画、海上災害対策計画の修正
災害対策基本法改正、防災基本計画修正を踏まえた見直し
平成27年

風水害等対策計画、地震災害対策計画の修正
災害対策基本法改正、防災基本計画修正を踏まえた見直し

平成28年

風水害等対策計画、地震災害対策計画、海上災害対策計画、原子力等防災計画、大規模事故災害対策計画の修正

防災基本計画修正、原子力災害対策指針改正を踏まえた見直し

平成29年

風水害等対策計画、地震災害対策計画、海上災害対策計画、原子力等防災計画、大規模事故災害対策計画の修正

防災基本計画修正などを踏まえた見直し

 

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局防災企画課

電話:078-362-9809

FAX:078-362-9839

Eメール:bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp