ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 阪神北県民局 > 平成31年3月局長メッセージ(阪神北県民局長藪本 訓弘)

ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

平成31年3月局長メッセージ(阪神北県民局長藪本 訓弘)

寒さも和らぎ、少しずつ暖かくなり春の訪れを感じる季節となりました。今日から3月。春は「出会いと別れの季節」と言われますが、いい出会いをするため、しっかりと平成30年度を締めくくりたいと思います。

先月、少雨による青野ダムの貯水量の低下について述べましたが、その後もまとまった雨が降っていません。県民局では、先月27日に管内各市の水道事業者をはじめ関係者と情報を共有し、今後の水利用調整を円滑に行うため、連絡会議を開催しました。
このままの状況が続けば、取水制限等により住民生活に影響を及ぼす恐れもあるので、1日も早い「恵みの雨」を期待していますが、皆さんもできる範囲で節水にご協力いただくようお願いします。

これまで福祉部門・保健部門・検査室がそれぞれ別庁舎で業務を行っていた宝塚健康福祉事務所(保健所)は、事務所を統合し以下のとおり新庁舎へ移転します。皆さんには、ご理解・ご協力をお願いします。

  • 移転先神健康交流センター1階及び2階
    (所在地:〒665-0032塚市東洋町2番5号[宝塚市役所隣])
  • 新庁舎での業務開始日成31年3月4日

安全・安心で豊かさが実感できる社会基盤の整備

今月は、安全・安心で豊かさが実感できる社会基盤の整備に向けた取組みについてご紹介します。
神北県民局では、

  1. 自然災害に「備える」
  2. 日常生活や地域を「支える」
  3. 次世代に「つなぐ」

3つの視点に基づき、自然と豊かに調和した安全・快適な都市環境の創造を目指す社会基盤の整備を進めています。

1.「備える」自然災害に備える防災・減災対策の強化~

海トラフ地震等に備える地震対策のほか、頻発する風水害に備える総合的な治水対策、土砂災害対策を推進しています。

(主な事業箇所)

  • 宝塚大橋(橋梁耐震対策)【宝塚市】
  • 武庫川[下流]〔生瀬橋~西宝橋上流〕(河川改修)【宝塚市】
  • 猪名川[中流]〔銀橋~多田大橋〕(河川改修)【川西市】
  • 雨森山南谷川(砂防堰堤工)【猪名川町】

2.「支える」日常生活や地域を支える社会基盤の充実~

域の交流や日々のくらしを支える道路整備のほか、渋滞緩和や歩行者・自転車の安全確保など安心・快適な都市基盤整備を推進しています。

(主な事業箇所)

  • 川西篠山線〔屏風岩〕(現道拡幅)【猪名川町】
  • 尼崎宝塚線[小浜南工区:中国自動車道宝塚IC周辺](街路整備)【宝塚市】
  • 山本伊丹線〔行基町~稲野6交差点〕(歩道リニューアル)【伊丹市】

3.「つなぐ」次世代につなぐ社会基盤の形成~

域交流や産業発展につなぐ基幹道路ネットワークの充実強化のほか、良質な社会基盤をつなぐため計画的・効率的な老朽化対策を推進しています。

(主な事業箇所)

  • 三田西インター線〔溝口〕(バイパス整備)【三田市】
  • 青野ダム(設備更新)【三田市】
  • 西猪名公園(施設改築更新)【川西市・伊丹市】

 

 

○[トピックス]庫川武田尾温泉地区の護岸工事は5月完成予定○

成16年度の台風23号による被災をはじめ、過去幾度も浸水被害があった武庫川の中流部の武田尾温泉地区において、県民局では、戦後最大洪水(昭和36年6月洪水)と同規模の計画流量(2,600立方メートル毎秒)を安全に流せる護岸工事を進めており、5月に完成する予定です。

護岸工事

路整備をはじめ社会基盤の整備には、事業用地の所有者や地元自治会をはじめ多くの皆さんのご理解・ご支援が必要です。今後も引き続き県民局の社会基盤整備事業の推進にご協力いただきますようお願いします。

阪神北県民局長

阪神北県民局長メッセージ一覧

・過去の阪神北県民局長メッセージ一覧

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局総務企画室総務防災課
電話:0797-83-3117
FAX:0797-86-4379
Eメール:hanshinksom@pref.hyogo.lg.jp