ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 令和3年度新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関等における外国人患者の受入れ体制確保事業について

ここから本文です。

更新日:2021年8月17日

令和3年度新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関等における外国人患者の受入れ体制確保事業について

事業実施概要

1.趣旨・目的

新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関における新型コロナウイルス感染症患者等である外国人について、院内等での感染拡大を防ぎながら、多様な言語や宗教・文化的背景への配慮等外国人特有の課題に対応した入院治療・療養が可能な体制の整備を支援します。

2.補助対象者

新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関であって、かつ、兵庫県が選出する「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」である医療機関

「新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関」とは、兵庫県が新型コロナウイルス感染症患者の入院受入れを割り当てた医療機関をいう。

本事業により外国人特有の課題に対応した入院治療・療養が可能な体制の整備を行った入院医療機関は、兵庫県の調整により、即応病床への外国人患者の受入れを要請された場合には、正当な理由がある場合を除き、当該外国人患者を受け入れること。

ただし、本事業は外国人専用病床の確保及び兵庫県の調整における外国人患者の優先を求めるものではないことに留意すること。

3.対象経費

令和3年4月1日から令和3年9月30日までに実施する下記に係る費用

外国人患者の受入れにあたり必要な、外国人特有の課題に対応した入院治療・療養が可能な体制の整備、感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用(従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除く。)

例えば以下のような取組が考えられる。

  1. 医療通訳のできる者、外国人患者受入れ医療コーディネーター、清掃・消毒その他の外国人患者の療養の支援に必要な職員等の配置
  2. 外国人患者とのやりとりに用いる資料(院内案内、療養上の注意、各検査・治療に関する同意書、セルフ健康チェック表、動画説明資料等)の多言語作成
  3. 外国人患者の動線上における施設内表示の多言語翻訳
  4. 外国人患者の特性を考慮したベッド、医療機器等の整備
  5. 外国人患者の特性を考慮した宗教食の調理や礼拝に必要な設備等の確保
  6. 外国人患者対応の留意点を踏まえた医療従事者等の施設内感染拡大防止対策(外国人患者対応の留意点を踏まえた研修、健康管理等)の実施
  7. 海外の民間保険会社への医療費請求、搬送の調整等を支援する医療機関向けアシスタンスサービスの契約

4.基準額

入院医療機関1施設当たり10,000,000円

5.実施概要・交付要綱・Q&A等(申請の前に必ずお読みください)

申請方法

1.提出書類

2.申請期間

令和3年8月17日(火曜日)~令和3年9月7日(火曜日)【必着】

3.提出先

〒650-8567

神戸市中央区下山手通5-10-1

兵庫県健康福祉部健康局医務課企画調整班(医療体制担当)

封筒に「補助事業申請書類在中」と記載の上、郵送により提出をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課 企画調整班(医療体制担当)

電話:078-341-7711(代表)

内線:3260

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp