ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療・保健衛生 > 豊岡健康福祉事務所 感染症発生動向調査週報

更新日:2023年1月30日

ここから本文です。

豊岡健康福祉事務所感染症発生動向調査週報

このページは感染症発生動向調査事業に基づき、豊岡健康福祉事務所管内(豊岡市・香美町・新温泉町)を中心とした地域の感染症の発生状況を毎週情報提供し、感染予防についての注意喚起を行っています。

2023年第3週(1月16日~22日)の管内の感染症発生動向情報をお送りします

今週のcontents

  1. 新型コロナウイルス感染症について
  2. 定点把握感染症について<定点あたり上位5位の感染症>
  3. インフルエンザについて

1新型コロナウイルス感染症について

  • 兵庫県内の新規感染者数は、第3週29,260人(先週43,175人)で、対先週比0.7倍となり減少しました。
  • 年代別においては10歳未満が15%と最も多く、40歳代14%、30歳代及び50歳代が13%となっており、30歳代以下の若い世代の占める割合が51%となっています。
  • 豊岡健康福祉事務所管内の医療機関で診断された第3週新たな感染者数は333人(先週669人)で対先週比0.49と半減しました。
  • 新型コロナウイルス感染症は、ほとんどの方が軽症です。症状の軽い方で重症化リスクの低い方は、自己検査や市販薬等を活用し自主療養のご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する情報

<兵庫県ホームページ>

・発熱等の症状のある方へ(医療機関受診の方法の案内)

・新型コロナの陽性者・濃厚接触者の方にお願いしたいこと

・兵庫県陽性者登録支援センターについて

・今冬のインフルエンザ及び新型コロナの同時流行への備え

<関連ページ>

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

国立感染症研究所ホームページ(外部サイトへリンク)

介護事業所等向けの新型コロナウイルス感染症対策まとめページ(外部サイトへリンク)

2定点把握感染症について<定点あたり上位5位の感染症>

順位

感染症

定点あたり報告数

増減

今週

先週

1

感染性胃腸炎

12.40

8.4

↑増加

2

インフルエンザ

6.50

8.39

↓減少

3

突発性発疹

0.6

0.2

↑増加

インフルエンザについて

  • 3週の豊岡健康福祉事務所管内の定点あたりの患者数は6.50人(先週8.39)と先週より減少しました。
  • 兵庫県の定点あたり患者数は、3週12.13人(先週8.21人)と増加し、注意報レベルである定点あたり患者数10.0人を超えました。県下17保健所では、神戸市、尼崎市、姫路市、伊丹、加古川、加東、福崎保健所管内が注意報レベル以上となっています。
  • 一般的にインフルエンザは発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。
  • 排出されるウイルス量は解熱とともに減少しますが、解熱後もウイルスを排出するといわれており、排出期間の長さには個人差があります。咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、不織布製マスクを着用する等、周りの方へうつさない配慮が大切です。
  • 手洗いうがいの励行、マスクの着用、咳エチケットなどの基本的な感染症対策に努めましょう。

<関連ページ>

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ

グラフ・データで見る管内の感染症情報(2023年3週)

小児科定点(グラフ)インフルエンザ定点(グラフ)(PDF:359KB)

兵庫県保健所別データ(PDF:35KB)

兵庫県感染症発生動向調査週報(PDF:674KB)

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 豊岡健康福祉事務所

電話:0796-26-3654

FAX:0796-24-4410

Eメール:toyookakf@pref.hyogo.lg.jp