ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 豊岡健康福祉事務所 感染症発生動向調査週報

ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

  

豊岡健康福祉事務所 感染症発生動向調査週報

このページは感染症発生動向調査事業に基づき、豊岡健康福祉事務所管内(豊岡市・香美町・新温泉町)を中心とした地域の感染症の発生状況を毎週情報提供し、感染予防についての注意喚起を行っています。

2019年第19週(5月6日~5月12日)の感染症発生動向情報をお送りします

今週のcontents

目で見る動向~インフルエンザ、感染性胃腸炎、伝染性紅斑~

①インフルエンザ

19innhuru

  • 管内の定点あたり患者数は、今週2.13人(前週3.38人)に減少しましたが、県内では当管内が前週に続き、最も定点あたり患者数が多くなっています。

<関連ページ> 

インフルエンザQ&A(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

兵庫県インフルエンザ情報センター(外部サイトへリンク)

②感染性胃腸炎

19ityouen

  • 管内の定点あたり患者数は、今週8.2人(前週2.2人)と増加しました。管内の定点把握感染症の中では感染性胃腸炎が最も多い報告数となっています。

<関連ページ>

感染性胃腸炎について(特にノロウイルスについて)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

感染性胃腸炎について(特にノロウイルスについて)(厚生労働省)

 ③伝染性紅斑

19dennsennseikouhann

  • 管内の定点あたり患者数は、今週0.6人(前週0人)と増加しています。一般に年始から7月上旬にかけて症例数が多くなります。乳幼児・学童に多い感染症です。

<関連ページ>

伝染性紅斑とは(国立感染症研究所)

 グラフ・データで見る管内の感染症情報(2019年第19週)

2019年第19週のインフルエンザ・小児科疾患発生動向(PDF:477KB)

2019年第19週の兵庫県健康福祉事務所別定点データ(PDF:35KB)

 

過去の管内の感染症発生動向調査週報

過去の週報はこちら(平成28年(2016年)第12週以降)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 豊岡健康福祉事務所

電話:0796-26-3654

FAX:0796-24-4410

Eメール:toyookakf@pref.hyogo.lg.jp