ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 建築・開発 > 大雨時の宅地防災に心がけましょう

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

大雨時の宅地防災に心がけましょう

日ごろから家の周囲などを点検し、もしおかしいところがあれば、すぐに専門家や県又は市町の開発指導担当窓口にご相談ください。
また、危険を感じたときはすぐに避難をし、県や市町の窓口に通報するようにしてください。

日ごろの備え…チェックポイント

チェックリスト

チェックポイント

1.雨でゆるんだ土地をゆさぶるような大木は伐採するか、枝を切っておく

2.不安定な大きな石などは取り除く

3.水路を掃除する

4.崩れそうな箇所に木の板の柵や石積みをしておく

5.雨水などを崖に流さないように水路をつくる

6.石垣などのひび割れは修理補強しておく

7.ビニール等で崖を覆い雨水の浸み込みを防ぐ

こんな時はすぐ避難を!

こんな時はすぐ避難を

  1. 長雨の後で強い雨が降り始めた
  2. ふだん澄んでいるわき水が濁ってきた
  3. 山の斜面を水が走り始めた
  4. 石が転がり落ちてきた
  5. わき水の量が増えてきた
  6. いままで枯れたことのないわき水が止まった
  7. 地鳴りの音が聞こえた
  8. 山の斜面に亀裂が走った

5月は宅地防災月間です!

兵庫県では、梅雨期を控えた5月を「宅地防災月間」と位置付け、危険宅地の所有者及び工事中又は工事休止中の宅地造成工事の事業者等に対し、がけ崩れや土砂流出による災害を防止するよう注意を促すとともに、県民に対して宅地防災に関する普及・啓発を行い、梅雨、集中豪雨、台風の襲来等に伴う宅地災害の防止を図っています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局建築指導課

電話:078-362-3646

FAX:078-362-4456

Eメール:kenchikushidouka@pref.hyogo.lg.jp