ホーム > 食・農林水産 > 農業 > 農産物 > ひょうごの果樹

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

ひょうごの果樹

兵庫県は、北は日本海、南は瀬戸内海に面し、また、県土のほぼ中央を中国山地が横断し、変化に富んだ地形、気候を有しており多様な自然条件のもと果樹農業が展開されています。地域別に見てみると、淡路地域では「びわ」・「かんきつ類」が、県南部を中心に「くり」、「いちじく」が、県北部を中心に「青なし」が、県全域で「ぶどう」が栽培されるなど、多様な地域で多彩な品目が栽培されています。その中でも、いちじくは西日本第3位の出荷量となっています。

兵庫県果樹農業振興計画について

兵庫県内の計画的な果樹農業の振興を図るために、果樹農業振興特別措置法(昭和36年法律第15号)第2条の3の規定に基づき、平成37年度を目標とした兵庫県果樹農業振興計画を平成28年7月に定めました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局農産園芸課

電話:078-362-3449

FAX:078-362-4092

Eメール:nousanengeika@pref.hyogo.lg.jp