ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材利用促進 > 県産木材の利用促進等に関する指針の策定

ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

県産木材の利用促進等に関する指針の策定

兵庫県では、県産木材の利用促進及びそのことを通じた森づくりの施策を総合的かつ計画的に推進し、林業及び木材産業の自立的な発展を図り、もって森林の有する多面的機能の持続的な発揮及び地域創生に寄与するため、議員提案により「兵庫県県産木材の利用促進に関する条例」を制定され、平成29年6月12日付け兵庫県条例第19号で施行されました。
この条例第12条に基づき、県産木材の利用促進等に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、「県産木材の利用促進等に関する基本的な指針」を策定したので、公表します。今後は、この指針に基づき、国及び市町と連携し、森林所有者、林業事業者、木材産業事業者、建築関係事業者、その他事業者、県民の協力のもと県産木材の利用促進を図っていくこととなります。

指針の主な構成

指針の概要

  1. 指針の趣旨:林業・木材産業の自立的発展、地域創生に寄与
  2. 指針の位置づけ:ひょうご農林水産ビジョンの基本方向、推進方策と整合
  3. 指針の期間:平成30年度~平成32年度(平成32年度に次期5箇年の指針を策定)

取組方針及び目標

  1. 現状と課題:素材生産量は増加、今後は住宅着工戸数減少、逆に燃料用木材の需要増加、建築用材需要拡大による持続可能な林業経営の推進
  2. 取組方針:建築用材と燃料用材の2本柱による利用促進
  3. 推進体制:「ひょうごの木」利用拡大協議会の新たな組織化、4つの部会の設置
  4. 目標:ひょうご農林水産ビジョン2025の成果指標等により設定
  • 県内年間素材生産量(平成26年:316千立方メートル→平成32年:430千立方メートル)
  • 県内製材工場の製品出荷量(平成26年:97千立方メートル→平成32年:110千立方メートル)
  • 県産木材利用木造住宅建築戸数(平成26年:1,011戸→平成32年:1,100戸)
  • 木質バイオマス発電用燃料供給量(平成26年:64千立方メートル→平成32年:170千立方メートル)

施策の体系・内容(主な取り組み)

県産材の安定供給の推進

  1. 森林施業の集約化:低コスト原木供給団地の設定の推進
  2. 林業事業者の育成強化:持続可能な林業経営者の育成、収益性の高い林業経営の推進
  3. 林内路網の整備支援:新ひょうご林内路網1,000kmプランによる整備促進
  4. 高性能林業機械の導入促進:効率的な作業システムの構築を推進
  5. 主伐・再造林の推進:主伐・再造林の低コストモデルを構築

木材の加工流通体制の整備

  1. 加工施設、流通施設等の整備への支援:品質、価格、供給力で競争力のある加工流通体制の整備
  2. 品質や生産性の向上への支援:JAS取得や乾燥機導入等による品質の高度化の推進

県産木材の利用促進

  1. 公共施設等における県産木材の利用の推進:県、市町、民間事業者の公共建築物等の木造・木質化の推進
  2. 県産木材を使用する住宅等の建設の促進:工務店グループと協働し、県産木造住宅の建築促進、現地見学会を通じての、県産木材利用の意識醸成
  3. 土木資材等新たな分野における利用の促進:コンクリート型枠用合板等の公共工事での利用促進
  4. 新たな建築材料の活用及び加工技術等による用途開発の推進:CLT等による新たな建築部材による用途開拓、防火地域での耐火部材の調査研究
  5. 県産木材の国内外における販路拡大の推進:材工一体型の輸出可能性調査

木質バイオマスの利用促進

  1. 木質バイオマスの製造又は利用をする施設の整備への支援:木質バイオマスを製造する施設の整備支援
  2. 未利用の間伐材等の供給体制の構築:山土場整備と輸送コストの低減等

県産木材の利用を通じた森づくりの推進

  1. 森林の多面的機能の維持向上:公的支援による森林管理の徹底と災害に強い森づくりの推進
  2. 豊かな海の再生に結びつく広葉樹林等の育成への支援:森から海への栄養塩の供給による豊かな海の再生

人材の育成

  1. 新規就業者の確保:中高生の林業体験や若者等を対象に就業前研修の実施
  2. 次代の林業を担う人材等の育成:県立森林大学校での人材の育成
  3. 現場技能者等の育成:森林施業プランナー等の人材育成の推進
  4. 森林所有者や境界の確定等に必要な人材の育成:森林所有者の把握等に必要な人材の育成の推進

普及啓発

  1. 県産木材に関する情報の発信:関係者の共通理解を深めるための取組を推進

市町に対する支援

  1. 情報の提供等:情報の提供や技術的な助言や研修を実施

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局林務課 木材利用班

電話:078-362-9224

内線:4121

FAX:078-362-3954

Eメール:rinmuka@pref.hyogo.lg.jp