ホーム > しごと・産業 > 経営 > 起業 > クリエイティブ起業創出事業(新規性や創造性に富んだ起業家向け助成金)

ここから本文です。

更新日:2019年10月29日

クリエイティブ起業創出事業(新規性や創造性に富んだ起業家向け助成金)

事業の目的

新たな価値や市場を生み出すクリエイティブなものづくりやビジネスを創出するため、機運醸成や気づきを提供するセミナーにより若手起業家等の裾野拡大を図りつつ、ビジネスコンテスト形式の公開審査で有望なビジネスプランとして選定された者に対し、事業の立上げ経費等の一部を助成します。
また、事業に賛同する協力機関による支援体制を構築し、助成金採択後の資金調達支援やビジネスマッチング支援等により、採択事業の継続的な成長・発展を支援します。

 

HYOGOクリエイティブ起業創出コンテスト(公開審査)の開催

新たな価値や市場を生み出すクリエイティブなものづくりやビジネスにより、県内で起業・第二創業する若手起業家等を支援する「クリエイティブ起業創出事業」について、ビジネスコンテスト形式の公開審査を下記のとおり開催します。

一次審査を通過した10名のファイナリストによるビジネスプランの中から助成金(上限200万円、副賞:起業プラザ コワーキングスペース利用券1年分)の採択者5名を決定することとしており、当日会場にお越しの方には、発表するビジネスプランへ投票を行っていただけます。

1 日時

令和元年11月8日(金曜日)13時00分~17時00分(受付開始12時30分)

2 場所

株式会社三井住友銀行 神戸本部ビル3階ホール(神戸市中央区浪花町56)

3 内容

  • (1)開会
  • (2)プレゼンテーション
事業者名(代表者名) 所在地 事業内容
株式会社S&E(佐々木 志織) 尼崎市 ICT 技術を使った目標達成応援アプリ「 SPOTTY 」開発事業
スカイリンクテクノロジーズ株式会社(森本 高広) 神戸市西区 エンジン式長距離巡行ドローンの開発
株式会社bit peeps(如南 友博) 西宮市 消防設備点検におけるIoT技術を活用した省人化システムサービス事業
テスコムデジタルソリューション株式会社(藤原 章平) 神戸市西区 AI システム搭載防災対応デジタルサイネージシステムの提供
EnterPlannersFarm(仮称)(中村 拓也) 佐用町 検索なしで周辺コミュニティーの情報が見えるアプリ WasHere
MARIKO(前田 まり子) 明石市 皮革で創る傘の開発・販売
180 株式会社(上仲 昌吾) 神戸市北区 価値観を180 度覆す壁のシェアリングエコノミー「ウォールシェア」
itoiro(小杉 美保) 神戸市東灘区 食物アレルギーに関する消費者発信型 WEB メディアの制作・運営
メディカルデザイン研究所(仮称)(北村 竜也) 神戸市中央区 医療ニーズの事業化に向けた医療機器デザインプロデュース
株式会社Blooms(住山 崇) 尼崎市 ベトナム人技能実習生向け動画ラーニングサービス事業

 

  • (3)講演会
    講師:株式会社ノヴィータ代表取締役会長 小田垣 栄司 氏
    演題:「多動力の心得と実践」
  • (4)審査結果発表
  • (5)閉会
  • (6)交流会

4 定員

150名

5 参加費

無料

6 申し込み方法

以下のURLまたはFAX(チラシ裏面の申込用紙に必要事項を記載)にてお申し込みください

http://creative-hyogo.jp/contest/

令和元年度クリエイティブ起業創出助成金

<事業内容>

ビジネスコンテスト形式の公開審査により、優れたビジネスプランを有する若手起業家等を選定し、事業の立上げや研究開発に必要な経費の一部を助成するものです。
また、「ひょうごチャレンジ起業支援貸付」(無利子貸付)の同時申請を受付し、事業実施に必要な経費について更なる支援を行います。

<助成内容>

対象事業

創造性や技能・技術により新たな価値や市場を生み出すクリエイティブなものづくりやサービス(デザイン・アート・コンテンツ・広告・ファッション等に限らず、食・インテリア・伝統工芸品・観光などあらゆる分野を対象とする。ただし、第一次産業を除く。)

 

対象者

 

新規性や創造性に富んだビジネスプランを有し、平成30年4月1日から令和2年1月末日までに、県内で起業・第二創業した又はする予定の概ね40歳未満の者。

ただし、特に優れたビジネスプランを有する場合は年齢を問わない。

 

 

助成金額

 

上限:200万円
【起業に要する経費】上限100万円

【研究開発に要する経費】上限100万円
※空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり
助成率:2分の1

対象経費

平成31年4月1日から令和2年1月末日までに支払った次の経費が対象。

  • 起業に要する経費(事務所開設費、備品購入費、専門家経費、広告宣伝費等)
  • 研究開発に要する経費(人件費、試作・開発費等)
  • 空き家活用に要する経費(空き家改修費)

審査方法

書面審査:収支計画やマーケティング戦略等の視点で実現可能性に主眼をおき、公開審査に進むビジネスプランを選定。
公開審査:有識者や著名起業家等が、公開審査(オープンなビジネスコンテスト形式で開催)により、創造性や市場における成長可能性を重視して選定。

<募集期間>

令和元年6月10日(月曜日)~令和元年8月30日(金曜日)<最終日16時必着>まで
令和元年度の募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<ひょうごチャレンジ起業支援貸付」の同時申請>

起業の場合、事業実施に必要な経費について、上記助成金上限100万円とは別に、貸付金として最大500万円を申請することができます。(第二創業の場合は貸付申請できません)

  • 貸付限度額:500万円(貸付額は10万円単位、最低金額は100万円)
  • 貸付利率:無利子
  • 貸付期間:10年以内(うち3年据置(返済猶予期間))
  • 担保等:無担保、代表者保証のみ(個人事業主は不要)

<募集の問い合わせ・応募先>

(公財)ひょうご産業活性化センター創業推進部新事業課

TEL:078-977-9072/FAX:078-977-9112

http://web.hyogo-iic.ne.jp/kigyo/creative(外部サイトへリンク)

(募集要項、申請様式等は、上記ホームページからダウンロードできます。)

令和元年度スケジュール

時期

実施内容

6月10日~8月30日

ビジネスプラン応募受付

7月 普及セミナーの開催

10月上旬

一次審査(書面審査)、コンテスト出場者の決定

10月下旬

専門家等によるプレゼン指導・ブラッシュアップ

11月8日

審査会、採択者決定

11月~3月

起業家支援助成金交付申請、交付決定、実績確認、助成金交付

過去の採択結果

平成30年度採択事業者一覧(PDF:67KB)

平成29年度助成事業者一覧(PDF:52KB)

平成28年度助成事業者一覧(PDF:52KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp