ホーム > 組織情報一覧 > 阪神北県民局 阪神農業改良普及センター

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

阪神北県民局 阪神農業改良普及センター

業務内容

阪神地域の農業・農村の現場において農業者と直接接して技術・経営指導等を行うことにより、担い手育成、産地育成、食の安全性の向上等地域の課題解決を進めます。

問い合わせ先

〒669-1531

三田市天神1-10-14

三田庁舎周辺図(外部サイトへリンク)

係名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

地域課

  • 地域農業振興課題に対する普及指導に関すること
  • 市町及び農業協同組合の地域振興計画策定・実践への支援に関すること
  • 地域特産物の育成に係る専門技術・経営指導に関すること
  • 地域農業集団の育成
  • 稙物防疫に関すること

079-562-8861

ファクス番号
079-562-8860

E-mail

hanshinnk@pref.hyogo.lg.jp

経営課

  • 専門技術の課題に対する普及指導に関すること
  • 環境創造型農業の推進に関すること
  • 土壌診断に関すること
  • 専門技術の情報発信に関すること
  • 経営改善に係る普及指導の企画調整に関する
  • 地域就農支援センターに関すること
  • 青年農業者の育成・確保や組織育成に関すること
  • 担い手農家及びその組織育成に関すること
  • 農業・農村における男女共同参画の推進に関すること
  • 6次産業化の推進(農村女性の起業の推進)に関すること

 

079-562-8861

主要施策等

阪神農業改良普及センターの主要施策

1、食の安全安心と地域環境の保全

  • (1)人と環境に優しい農業の推進
    • 環境創造型農業を進め、安全と品質に配慮した認証農産物の生産拡大につとめます。

2、都市・都市近郊の立地を活かした農業の展開

  • (1)都市・都市近郊地域の農業振興と農業生産力の強化
    • 都市型農産物直売所を拠点にして地域住民の安全・安心な地元野菜の提供のため都市農業への理解促進に努めます。
    • 伝統ある花き・果樹の振興は、周囲の住環境への配慮をしつつ、新商品や新たな樹種の積極的導入、都市型観光農園との複合経営モデルの実践など技術集約的農業の推進を図ります。
    • 環境に配慮した米・そば・麦・大豆・景観作物など土地利用型作物の生産強化、やまのいもやうどなどの魅力ある特産物育成、さらに高品質な施設野菜や独自品種育成の花きなど、力強い生産力を発揮できるように支援します。
  • (2)農業経営者・後継者の支援
    • 個別経営体の経営安定と集落営農組織化推進、営農組合のステップアップ、次世代を担う後継者育成や新規就農者定着を支援します。
    • 個別経営の力強いパートナーである「農」で輝く女性の活動を支援します。
  • (3)農林業の6次産業化等の推進
    • 商品の生産拡大や加工者のレベルアップを支援します。また加工施設を所有する母子茶はブランド化した商品の販売強化と併せて新たな需要拡大による廃茶園解消をめざします。

3、「農」への積極的な関わりの推進

  • (1)楽農生活の推進
    • 都市地域住民の「農」への積極的な関わりを深めるため、農村地帯との交流と共に、都市型体験市民農園を進めます。

事業等の紹介、関連するページ